2017年9月21日 (木)

あさちゃんの鎌倉日記(502) 9月21日(木) 海蔵寺のハギ

昨日の彼岸花は盛りを過ぎたかイマイチだった。しかし、今日廻った鎌倉扇ガ谷の海蔵寺と浄光明寺のハギは見頃だった。とりわけ海蔵寺の萩は山門前の石段の両側から覆いかぶさるように咲いているので、カメラスポットにもなっている。

一方、この付近の彼岸花は、山の陰になっているせいか今がちょうど満開。この花の名所で知られる英勝寺にも立ち寄ろうかと思ったが、残念ながら拝観お休みで正門の扉から真っ赤な曼珠沙華を眺める。海蔵寺では芙蓉やシオンも今が盛りと咲いている。

今日は鎌倉駅前で所用があり、ランチは西口のマッチポイントのカレーで。付添人なしだ。出かける時にカミさんから疲れたら休むのよ!と忠告(警告?)を受けていた。その言葉に従い、浄光明寺と川喜多映画記念館の外のベンチで休憩。

空気は爽やかだが日差しが強く、まだまだ残暑が厳しい。暑さ寒さも彼岸までと云われるが、いよいよ夏から秋への季節の移ろいを見せる今日の鎌倉でした。

2017年9月20日 (水)

あさ爺の徒然日記(663) 9月20日(水) 小出川の彼岸花

湘南における彼岸花の名所、小出川を散策する。今年は開花が早かったとみえて、もう峠を越した感じだ。多くの花がしおれており、23日に予定されている彼岸花まつりではどの程度の花が咲いてるかだ。モチロン、蕾もそれなりに見られるから期待はできるが、肝心の天気が雨マークになっている。

ちょうど1年前の今日、あさ爺はガイドとしてこの彼岸花案内をした。しかし、台風16号の接近で雨にたたられ、58名の参加予定者が20名足らずに激減してしまった。しかもお目当ての花が2分咲き程度と、散々だった苦い思い出がある。

季節の花だけはその年のお天気次第で、春の桜も当たり外れがよく起こる。ガイド泣かせだが、お客さまにも申し訳ない気持ちになる。その点、梅やアジサイ、紅葉は、鑑賞できる期間が長いのでまだいい。

ここの彼岸花は藤沢、茅ヶ崎、寒川と2市1町にまたがる。距離が長いので、老夫婦は藤沢エリアで引き返した。彼岸入りの今日、近くの宝泉寺墓地には墓参の人たちが多く見られた。南無釈迦牟尼仏・・・。

2017年9月19日 (火)

あさ爺の徒然日記(662) 9月19日(火) フラリーマン

フラリーマンなる単語を初めて知った。テレビで報じられていたものだ。我らが宰相安倍ちゃんの提唱で始まった「働き方改革」。この政府主導の有難い改革でサラリーマンの残業が減った。

しかし、まっすぐには自宅に帰らない、イヤ帰れないサラーリマン(殆どは男性)が多いそうだ。そして、公園や繁華街を一人でさ迷い歩くことになる。この人たちをフラリーマンと呼ぶらしい。つまり外で時間つぶしをしているわけだ。

最大の理由は家に早く帰っても居場所がないこと。育児期間中ならともかく、子供が成長すると家族は子供中心に回る。ダンナ(父親)はいない方がいいと云うことのようだ。同僚と飲み屋をハシゴしているのであればまだ理解できるが、ナントも寂しい話ではないか?

残業代が無くなって、使えるカネもないのだ。夜間の図書館があればと云う切実な声も。老いも若きも関係なく、一人夜の巷を彷徨している。働きバチが巣に戻れないでいる。

高齢者だと趣味にとも思うが、ストレスの発散の方が現役世代には切実なのだろう。

2017年9月18日 (月)

あさちゃんの鎌倉日記(501) 9月18日(月) 面掛行列

今日は「敬老の日」。知らなかったが今日とは別に、15日は老人の日となっている。以前の敬老の日はたしか15日だった。そしてその日から老人週間が制定されているそうな。更に云えば今週はシルバーウィークでもある。これは5月のゴールデンウィークに対してのもので、要するに旅行にお出かけになって下さいなとの意味。

台風一過の抜けるような青空に誘われて、鎌倉御霊神社の面掛行列を見物した。3度目だが、じっくりと見物したのは初めてだ。付添人のカミさんがいるので、安心して福禄寿、ひょっとこ、鬼、鼻長、異形、翁、烏天狗、女、更にあさちゃん夫婦のような爺とおかめの面を被った行列が、神輿などと一緒に町内を練り歩くのを見る。

妊婦に扮した女(実は男性)の大きなお腹に触ると、安産間違いなしと・・・。しかし、出産不可能と見られる婆さんや爺さんまでが触って喜んでいる。

江ノ電の車窓から見る七里ヶ浜は台風の余波で、大きな波が押し寄せていた。鎌倉に本格的な秋が訪れたようだ。

2017年9月17日 (日)

あさ爺の徒然日記(661) 9月17日(日) 台風18号と冒頭解散

本来なら臨時国会冒頭解散か?のニュースで埋め尽くされる筈のテレビ・ラジオの報道が、台風18号の暴風に吹き飛ばされてしまった。北のミサイル発射や核実験のニュースが、アメリカではハリケーンイルマで消し飛んだのと同じで、自然の脅威は人間社会の思惑をぶっ潰した。

衆院解散は民進党やファースト潰しが見え見えで、ついでにモリかけ騒動も吹っ飛ばすのが目的だ。自民の圧勝がわかっているから、投票率も伸びないだろうし、山口公明も今度は自民に大協力して都議選の借りを返す魂胆。

安倍首相の保身と更なる長期政権維持が目的の「安倍一強選挙」で、有権者の良識が問われる選挙ともなる。恐らく、総理はモリかけを封印し、外交成果とミサイル防衛の軍備強化を前面に出すだろう。とにかくテロリストみたいに、油断を突いて撃ち込んでくる北朝鮮は、安倍さんにとっては応援部隊とも言える。

選挙中も空襲警報(Jアラート)が鳴り響けば、それが追い風となって安倍自民は盤石だ。そんなことより台風の直撃を受けている故郷の四国が心配だ。

あさ爺の徒然日記(660) 9月16日(土) 大相撲空き場所

今日の見出しは、あさ爺が名付け親ではない。新聞に掲載された投稿者による命名である。言い得て妙なので、お借りした。

3横綱に加えて高安、照ノ富士の大関が休場。優勝争いから目が離せなくなった。気の毒と云うべきか下位の力士はラッキーと思っているか、横綱と大関が各一人だけの場所になった。しかも一人横綱となった日馬富士が序盤に3連敗。休むに休めずだが、どうぞ遠慮することはない。生き恥をさらすよりゆっくり養生すればいい。

前にも触れたが、これで残った大関と関脇から優勝者が出なければ、それほど情けないことはないと思っている。空き場所が下剋上の戦国場所になれば、それはそれで面白いが、これを機会に新しいヒーローが出て欲しいものだ。それも日本出身力士の・・・。

序の口からのタタキ上げ組と大学出の付け出し組とが、切磋琢磨して新時代を築けることが出来たら、この秋場所の意味も無駄にはならない。

あさ爺の徒然日記(659) 9月15日(金) 民進党離党者に疑問

民進党代表は党内保守派の前原氏に決まったにも拘わらず、細野氏系の議員の離党者が相次いでいるのは解せない。枝野氏が勝ったわけでもないので、一致して新代表を支えるのかと思いきや、足を引っ張る理由がイマイチよくわからない。ならば、代表選の前に一緒に辞めるのが筋だろう。

小池さんのファーストも都議選では公明の支援もあって圧勝したが、彼女が表に出ない総選挙で勝てるとは思えない。橋下徹氏が表舞台から消えた大阪維新が、右往左往しているのと同じになる筈だ。ファーストも維新も、地域政党のままの方が存在感ある。いずれにせよ反安倍一強の受け皿には無理だ。

中道層が民進、左派層が共産とはっきりした方がよい。共産の政権奪取はあり得ないから、反自民で政権交代を期待する人たちはおのずとどこに投票すればいいか判断できる。但し、自民でもリベラル派の総裁が実現したら、もう自民には勝てないだろう。

次期総選挙は安倍を支持するか、ノーかの選択選挙であるべきと思っている。

2017年9月14日 (木)

あさ爺の徒然日記(658) 9月14日(木) 初物に弱い性格

初物と云うより新しいものが苦手なあさ爺である。心の内なる保守性と云うか引っ込み思案と云うのか、小さい頃からの性癖と云ってよい。

だから、これだけスマホが普及しても今だに変えようとしない。現状で困らないし、不自由もしていないから。洋式トイレが出現した時、大いに抵抗を感じた。しかし、今や和式では脚を曲げるのに難渋している。

コンビニが出現した時、スーパーがあるのに何故?と思った。しかし、今やコンビニのない過疎地が問題になっている。

写真機もそうだ。デジカメが出現した時、フィルムのないカメラなんてとバカにした。ましてや現像焼き付け引き伸ばしと注文してのDPEではないか?しかし、息子が見かねてデジカメをプレゼントしてくれて、今はそれにハマっている。

飛行機のボーディングブリッジも。タラップで見送りの人に手を振ってこその別れではないか?連絡船が消えて、別れのテープもなくなった。連絡船の中のうどんもなくなった。故郷も遠くなってしまった。

2017年9月13日 (水)

あさ爺の徒然日記(657) 9月13日(水) 大河ドラマは必要か?

NHKの看板番組である大河ドラマ。これに苦言を呈したい。まことに長丁場をだらだらと流している感じだ。真田幸村は主演の男優に惹かれて、最後まで付き合ったが、途中どうでもいい話を織り交ぜて退屈した。

今年のおんな城主は、初めから今に至るも、マッタク見ていない。もう、役割は果たし終え、惰性で続けているとしか思えない。視聴料はもっと有効に使って欲しい。

1年間を退屈せずに放映できるのは、太閤秀吉の出世物語と赤穂浪士の討ち入りくらいだ。それ以外は無理。初回の「花の生涯」だけは、後に続く作品に期待を持たせてくれたが結局それで終わり。

ヒントは「坂の上の雲」。手を抜かず、重厚な作品だった。日本人は戦国物が好きだと云うが、それに迎合せず忘れてはならない近現代史を取り上げることだ。幕末から終戦に至る歴史は、風化させてはいけない貴重なものだ。それを茶の間に流しても、重苦しい感じを避け、ダイナミックに描き、あとは視聴者に考えさせる、そんな作品を期待したい。

あさ爺の徒然日記(656) 9月12日(火) 不倫党に政活党・・・

旭山動物園ならぬ永田町動物園では、様々な動物の生態が観測できる。「バカヤロー、違うだろ!このハゲー!」はさしづめ暴言党。内輪の集まりで、つい本音をしゃべったら、誰かがリークして釈明に汗をかくのが「失言党」。

同じ汗でも下半身に汗をかいていたのが「不倫党」、今や時代の寵児だ。不倫にあらずんば議員にあらず・・・。

みみっちくも善戦しているのが「政活党」。政務活動費をせっせと私用に流用している。昔、「国民の生活が第一」と云う崇高な理想をかかげた政党が存在した。その流れを汲んでいるのかもしれない。正式の党名は「国民の血税による政活費は自分の為に使うが第一」だろう。

今や、地方議会にまで蔓延している花形だ。地方の議員で、全国的に知名度を上げる野心をお持ちなら、国会の女性議員にターゲットを絞って、自らに支給された政務活動費を、例えばホテルの宿泊費や休憩費用に充てる等すれば、一気に著名人への仲間入りだ。モチロン、男女は逆であっても問題ない。

結論としては、政治家はヒマとカネを持て余していると云うことだ。

«あさちゃんの鎌倉日記(500) 9月11日(月) FM放送に出演

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30