2017年11月21日 (火)

あさ爺の徒然日記(718) 11月21日(火) 稀勢の里休場

やはりと云うべきか、稀勢の里が今日から休場。相性のいい、まず負ける筈のない相手に土俵際まで押し込みながら逆転の下手投げを食らって、よほど体の状態が悪いのか、要するに力が入らず見ておれない状態だった。

見た目には痛めた肩の状態はよくわからない。しかし、稽古不足なのだろう。解説者の話では部屋の若い力士とは何番も取っているらしいが、積極的に出稽古したり他の横綱や三役力士相手の稽古はあまりやってないとのこと。これでは、今の状態で通じるかどうかの判断は難しい。

元相撲アナの杉山さんがワイドショーで日馬富士よりも稀勢の里が心配だと云ったのは、さすがに的を得ていた。日馬富士事件ばかり追っかけているテレビに苦言を呈したものだろう。それにしても衰えを見せ始めたことがあった白鵬の復活ぶりには驚嘆する。好きな力士ではないが、その稀に見る強さは史上最強クラスかもしれない。

谷風、雷電、双葉山、大鵬と比べてどうなんだろう。夢の対決を勝手に空想して楽しんでいる。全盛期の名力士同士の対決、迫力あるだろうな・・・。

2017年11月20日 (月)

あさ爺の徒然日記(717) 11月20日(月) どうした?稀勢の里

日馬富士事件の陰に隠れて、九州場所の動静がマッタク話題にもならない。テレビをつけても、出てくる映像は日馬富士、貴乃花親方そして貴ノ岩ばかり。その九州場所は既に中日を過ぎ、復帰した横綱稀勢の里がナント4勝5敗。勝ち越しすら危うい事態に陥っている。再び、休場に追い込まれるのは必至だ。

ただ、それで思い詰めて引退に踏み切る恐れも無きにしも非ずで心配している。元々、殆ど休場しない力士だった。それが例の日馬富士に土俵下へ「突き飛ばされて」重傷を負ったのが、すべての始まり。あさ爺にとっての日馬富士事件とは、この対稀勢の里戦のことだ。

火事場の馬鹿チカラのような凄い力を出すのが日馬富士の特徴で、それで過去何度か優勝をもぎ取っている。その犠牲になったのが、稀勢の里と貴ノ岩だったのだ。激高したハルさんが、貴ノ岩の頭をボンボン殴っただけで、相当のダメージがあることは容易に想像できる。

イヤ、今日は日馬富士の話ではない。稀勢の里にはかつての力強さがマッタク感じられない。相撲勘も衰えている。2,3場所全休してはどうか?このままだと、横綱がバタバタと辞めることになりかねない。

2017年11月19日 (日)

あさ爺の徒然日記(716) 11月19日(日) 報道のあり方

座間事件の被害者の顔写真が公表されたことが論議を呼んでいる。あさ爺も事件の残忍性、猟奇性と被害者が若い女性が大半であることに鑑み、顔写真も氏名も公表されないだろうとみた。相模原事件と同じ報道姿勢を採用するのではと思ったが、今回はあっさりと全員公表した。

家族や親しい知人にとっては、残酷な仕打ちになるかもしれない。反面、匿名にしたり写真も載せないとなると、事件の重大性がイマイチ伝わらない恐れもある。難しいところだ。家族も2つに分かれる可能性がある。相模原でも匿名報道に反発した遺族が、実名と写真を公表する事態が起こった。報道機関としては、匿名報道ではインパクトが弱いと考えるだろう。あさ爺にも、よくわからない。

今日は上大岡でのフルート・リサイタルの鑑賞に出かけた。韓国の女性演奏家ジャスミン・チェイで、超絶技巧をこなす演奏は正直凄いと思った。普段は、ウイーンを拠点に欧米で活躍しているそうだ。フランスの作曲家達のフルート・ソナタを熱演。秋深まる横浜の空に、美しいフルートの音色が響いた。

あさ爺の徒然日記(715) 11月18日(土) 日馬富士はどうなる?

大相撲九州場所の序盤に降って湧いた事件。横綱日馬富士がモンゴル後輩の貴ノ岩に暴行したことは事実のようだが、真相がまだはっきりしない。ビール瓶だ、イヤ素手だとか外野の憶測が賑やかだ。しかし、仮に素手でも格闘技の選手(力士も)の場合は、凶器と看做されるらしい。

被害者の怪我の程度もはっきりしない。わからないことが多すぎる。貴乃花親方の行動も不可解だと云う。問題は処分だ。暴行なので、軽くはできないだろう。引退勧告も選択肢としてはあり得るが、それなりに功績のあった横綱なので、後味の悪さは残る。幕引きのやり方によっては、更に禍根を残すことも考えられる。

ただ、神妙な日馬富士の表情が何度も流れる一方で、貴乃花親方の態度はいただけない。親方と云うより、ヤクザの親分みたいな風貌だ。一代の人気力士の時とは別人みたいだ。協会とはホントに仲が悪いのだろう。この事件を複雑なものにしている張本人に思える。

あさ爺の裁決は、日馬富士の3場所出場停止で決着しては?本人がそれで引退するかもしれないが・・・。

あさ爺の徒然日記(714) 11月17日(金) 医療について考える

ご近所の男性が闘病生活を送っておられる。ダンナさんよりも奥さんと親しいあさ爺夫婦は、看病で病院に毎日通っておられる奥さんが倒れはしないかと心配している。一日も早い全快を祈っている。

とは言え、お互いに高齢者となった身の上だ。自分が長期入院を迫られた時に、どう判断すればいいだろうかと悩む。仮にガンと診断された場合、正常でいられるだろうかと心配になる。

この齢だ、悩むことはあるまい。余計な治療はお断りだ。抗がん剤は副作用がきついのでこれもお断り。手術は命を縮めかねないので、これもお断りだ。と今までは思っているが、医師から告げられた時に、こんな偉そうな啖呵がきれるか?もう病院の中の流れに乗せられて、治療を断るなんぞ、聴いて貰えないのでは?

第一、急に命が惜しくなるかもしれないし、最善を尽くして欲しいと懇願するやもしれぬ。しかし、看病する側は大変そうだ。老人男性はワガママが多く、家人に当たり散らすこともあるらしい。あさ爺はそんなことないよとは誰も言ってくれない。難しい選択を迫られたら・・・。これも危機管理の一つだろう。

2017年11月17日 (金)

あさちゃんの鎌倉日記(508) 11月16日(木) 歴史&グルメ

6月に体調を崩して以来、初めてのガイド復帰。リピーターのご婦人グループ14名を鎌倉扇ヶ谷界隈の散策にご案内。鎌倉駅西口を起点に壽福寺、鎌倉歴史文化交流館を廻って、御成町にある小さなフレンチレストラン「サマランジェ・ド・ヨシノ」でランチのフルコースをいただくグルメツアーだ。

西口では鎌倉ガイド協会の人たちが史跡巡りの受付中。旧知のガイドさん達が、我々のグループを少し羨望の眼差しで見つめていた。今回のレストランは予約をとるのが大変で、8月の上旬に予約。10名以上は貸切となる小ぶりのお店で、シェフ夫婦だけで営むアットホームな雰囲気。食器がすべて大きくボリューム満点で、最年長のガイド氏には少々こたえた。

15名の貸切扱いなので、皆さん和気あいあい。黒1点のあさちゃんは目じりが下がりっぱなしのツアーガイドと相成りました。このグループは年に2回の鎌倉散策を楽しんでおられる。毎回、口コミと云うよりお友達を誘われる方も多くて、今回も初参加の方が2名。遠くは千葉県からのご参加も。

思う存分、女性パワーをいただいて若返った気分の高齢ガイドでした。

あさ爺の徒然日記(713) 11月15日(水) 日馬富士事件

七五三の可愛らしい子どもたちには、およそ似つかわしくない希望の党の小池代表辞任のニュース。小池フアンの一人だったあさ爺も、もういまや悲嘆のどん底とはなっていない。国政に意欲を見せてはいたが、もうやる気も失せての辞任劇。緞帳が方々にひっかかりながら、なんとか幕を閉じた小池劇場だった。

しかし、日馬富士の暴行事件、こればかりは又しても想定外の事件だ。横綱が平幕のモンゴル後輩をビール瓶で殴ってけがをさせたと云う。酒癖が悪いとは知らなかった。あさ爺も昔、酒癖の悪い男に手を焼いたことがある。部下だったから余計に苦労した。普段は温厚に見えただけに、その落差にショックを受けたものだ。

その時に必ず矛先を向けられる、その男の直属上司がいた。彼は本当の温厚男で、ただひたすらに嵐が静まるのを我慢していた。その上司も、いまや鬼籍に入った。以来、あさ爺は酒癖の悪い人間からは遠ざかることにしている。危うきに近寄らずである。

日馬富士も我々の抱くイメージとは程遠い別の一面を持ってたのか?これはかなり大きな落差だ。ちびっ子フアンにも良くないことだ。

あさ爺の徒然日記(712) 11月14日(火) 狂人の運転

白昼、松山市内の中心部で約50分にわたって、車の暴走運転が繰り広げられた。滅多なことではもう驚かないあさ爺も、テレビで見るカーチェイスには度肝を抜かれた。

いや、これに驚いていたら犯人の思うツボかもしれない。スピード違反や飲酒運転がバレそうになって、白バイやパトカーから逃げ回るのは想定内だが、ストレス解消なのか、自暴自棄なのか、しかも後部座席に母親を乗せて、アーケード街や路面電車の走る大通りを当て逃げ、ひき逃げを繰り返したのだから、通行人もたまげただろう。

坊ちゃんやマドンナはモチロン、正岡子規や秋山兄弟も必死になって逃げ惑ったに違いない。今、何かと話題の今治の会社員だと云う。加計学園の獣医学部認可に腹を立てたテロ行為か、或いは地元として大歓迎したいが為の仕掛け花火かと思ったが、捜査中で詳細は不明。母親のコメントを聞きたいものだが、どこの社もインタビューにはたどり着けていないようだ。

平成の世の中になって30年近くになるが、いまだ平静とはならない。想定外と云うより奇想天外な事件が相次ぐ。

2017年11月14日 (火)

あさ爺の徒然日記(711) 11月13日(月) 若者の保守化

このブログでも何度か触れてきた、若者の保守化について考える。今回の総選挙の年代別投票行動の調査で、20・30代の投票先は自民が40%超だったらしい。年代が上がるにつれて自民支持は減少し、60代以降では立憲支持が上回る逆転現象が起きる。

今までの、若者は革新、年寄りは保守のイメージはものの見事にひっくり返る。改憲や安全保障の見直し、消費増税を訴える自民が革新で、護憲に固まる共産は保守なんだそうだ。どっひゃーである。若者を戦場に送るなと叫んでいても、かたや、北朝鮮にミサイルを撃ち込めと叫ぶ女子大生がいるそうだ。一体、どうなってんだろう?

もしかしたら、雨中の神宮外苑競技場を行進する学徒出陣をかっこいいと思ってるのかもしれない。満州やインパール、ニューギニア、サイパン、オキナワの悲劇には、想像力が働かないのだろう。目の前の就職活動に有利に働くのは、誰がナント言おうと自民しかあり得ないのだ。これが現実と覚悟して、我々はどうすればいいのか?

確かに、制服姿の防大生は男女を問わずカッコいい。昔の海兵や予科練への憧れが今も受け継がれているのだ。平和を守り続けることの難しさよ。

あさ爺の徒然日記(710) 11月12日(日) 喪中はがき

この季節になると喪中はがきが届き始める。ご本人が家族や親族のことを知らせる場合もあれば、亡くなった本人に代わって遺族からご連絡をいただくこともある。今年も例年果物を送り届けていた盛岡のご婦人から、いつものようなお礼状が届かず「なしのつぶて」状態が続いて心配していた。

几帳面だった方が音信不通になったりすると、どうしても良くない想像をしてしまう。案の定、ご本人は既に亡くなられていた。拙宅にも2度ばかり泊まられたほどの親しい間柄だった。喪中はがきには特に詳しい事情は書かれておらず、ただ静かにご冥福をお祈りするしかない。

よくお線香を贈るのがいいとかコマーシャルで流れているが、お相手がキリスト教のこともあろうし、一概には言えないものがある。お元気だった昔を懐かしく思い出すことくらいしかできないものだ。このご近所でもご主人が亡くなられたりして、寂しくも複雑な心境になる。特に最近多いのは、年齢が自分よりも下のケース。新聞の訃報でも珍しくなくなった。

一向に進まない断捨離。他人には無価値なものなら、いっそ他人に任せてもいいかと開き直りの心境も。寝具、書籍、人形の類が一番困った。親の時の経験です。

«あさ爺の徒然日記(709) 11月11日(土) 玉木氏共同代表に

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30