« あさ坊のぶらりハマ歩き(34) 12月1日(土) アンヌ・ケフェレック | トップページ | あさ爺の鎌倉観光ガイド(83) 12月5日(水) 建長寺奥の紅葉 »

2012年12月 8日 (土)

あさ爺の鎌倉観光ガイド(82) 12月2日(日) 有風亭創業30周年特別企画

心配された天気も、特に午前中は好天に恵まれました。人力車有風亭さんの創業30周年を記念して企画された「紅葉の古都鎌倉散策」の当日を迎えました。男性5名、女性15名でスタートします。

日曜日で紅葉の見頃、混雑が予想されますので、交通量も人通りも少ない路地裏を中心に歩きます。壽福寺では始めに墓地を廻ります。この季節、特に美しい石畳の参道も見ていただき、海蔵寺へ向かいます。途中のモミジも見事でした。

扇ヶ谷、雪ノ下、小町と鎌倉らしい名前の街が続きますが、ここでは人一人がやっとと言う裏道を歩きました。おしゃべり好きの女性の皆さんも、1列縦隊ではお話もできません。お昼は若宮大路に面した「レストラン四季菜」。しらすをはじめ、美味しい和食の御膳が並びます。今日の散策の、楽しみの一つでもあります。

午後は妙本寺に入ります。10日前には、まだ青々としていたモミジも見頃を迎えていました。例年にくらべ、鮮やかさが今一つではありましたが、昨年の台風による塩害を考えれば、良しとしなくては・・・。

妙隆寺には路地裏から入り、再び路地裏に抜ける少々失礼なお参りです。ここでは墓地の丸山定夫の碑の説明も。原爆で命を落とした移動演劇隊桜隊、中でも宝塚トップスターだった園井恵子の悲劇についても語らせていただきました。男性客の中に数名、岩手県松尾村(現八幡平市)ゆかりの方が含まれていることが事前にわかりましたので、この話をしました。彼女は松尾村の出身で初代村長さんの娘だったからです。乙羽信子は親友でした。

最後は茶房有風亭でお休みしてそのまま解散です。女将さん、てんてこ舞いです。特別企画のガイドを、無事果たすことができました。男性客からお誘いを受けて、小町の喫茶「ドミンゴ」に入り、漫画家小山賢太郎さんの原画展を見させていただきました。漫画家先生にもお会いでき、今日はいい一日になりました。

« あさ坊のぶらりハマ歩き(34) 12月1日(土) アンヌ・ケフェレック | トップページ | あさ爺の鎌倉観光ガイド(83) 12月5日(水) 建長寺奥の紅葉 »

団体・グループガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/48132162

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の鎌倉観光ガイド(82) 12月2日(日) 有風亭創業30周年特別企画:

« あさ坊のぶらりハマ歩き(34) 12月1日(土) アンヌ・ケフェレック | トップページ | あさ爺の鎌倉観光ガイド(83) 12月5日(水) 建長寺奥の紅葉 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31