« あさ彦の爺(じじ)放談(32) 6月19日(水) なだいなださん | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(33) 6月21日(金) 老衰の話 »

2013年6月23日 (日)

asataroおでかけ日記(103) 6月20日(木) 興福寺文化講座

今日一日は、朝から晩まで座学の連続。しかも場所を変えて、3ヶ所を渡り歩くこととなりました。梅雨空の、今にも降り出しそうな空を見上げながら・・・。

午前中は、今受講している生涯学習講座(2時間半)を藤沢の片瀬のセンターで。終了後、ただちに江ノ電と小田急を乗り継いで新宿に向かいました。超高層ビルの林立する新宿西口の地下通路を急ぎます。地上は本降りの雨になりました。

食事をとる暇はなく、西新宿のヒルトンホテル近くにある会場に飛び込みます。ここで2時間、会社の研修を受けました。夕方に終わり、再び、雨を避けて地下街や地下の通路を通り抜け、都庁を経由して甲州街道沿いにある文化学園に向かいます。この雨の中、都庁の展望台に上がるべく団体さんがエレベーター乗り場に整列しています。視界が悪いと思いますが、スカイツリーは見えるのでしょうか?

今度は夜の部。久し振りに興福寺文化講座に出席します。前半の第1講が興味ある内容でしたから、どうしても聴いておきたいと・・・。タイトルは「寺院 参拝と観光」。大変、参考になりました。心をしずめるための瞑想(座禅のようなものですが、教室の椅子にかけたまま行ないます)を約20分行なって後半の第2講は、興福寺貫首による連続講話(164回)「奈良・祈り・心」がありました。内容は高度で難解な宗教哲学のようなお話です。「唯識三十頌」(ゆいしきさんじゅうじゅ)の勉強ですが、非常に難しい講話です。

20時過ぎに講義が終了し、長い一日が漸く終わりました。高層ビルの灯りが赤々と点いています。雨は小降りになりました。不夜城のような新宿の夜景も、asataro、実に久し振りのような気がしました。

« あさ彦の爺(じじ)放談(32) 6月19日(水) なだいなださん | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(33) 6月21日(金) 老衰の話 »

講座・座学・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/52153997

この記事へのトラックバック一覧です: asataroおでかけ日記(103) 6月20日(木) 興福寺文化講座:

« あさ彦の爺(じじ)放談(32) 6月19日(水) なだいなださん | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(33) 6月21日(金) 老衰の話 »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31