« あさ坊のぶらりハマ歩き(46) 6月10日(月) 三渓園重文公開 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(30) 6月12日(水) 不発弾が語る戦争遺産 »

2013年6月12日 (水)

あさ彦の爺(じじ)放談(29) 6月11日(火) エスカレーターのマナー

漸く梅雨らしい天気になってきました。ナント、今日が暦の上では「入梅」のようです。カラ梅雨は夏場の水不足につながりますから、降るべき時にはしっかり降って欲しいものですね。

先日の新聞に興味ある記事が出ていました。エスカレーターのマナーについてです。現在、日常の風景として定着している片側空けは正しい乗り方なのか?との問題提起でした。

あさ彦は、関東と関西で右左が逆になってるのは何故だろう?と、以前から不思議に思っていましたが、これはどうやら、かって関西の鉄道各社が「お急ぎの方の為に左側を空けてください」とわざわざアナウンスしていたことを、この記事で初めて知りました。今では、やってないそうですが・・・。

では、関東では逆のアナウンスをしていたのか?これについては何も書かれていません。アナウンスがあったかもしれず、或いは自然にそうなったのか?ところで、そんなことではなく空けることがマナーなのか?との問いかけです。

障害者や老人の付き添いの人は隣に立ちたいし、小さな子供連れの場合はしっかり手を握って隣に立つのがいい筈です。しかし、現実には通路を塞ぐような気がして、遠慮せざるを得ないのが実態でしょうか?

エスカレーター業者も、2人並んで(歩かないで)立つのが正しい乗り方だとコメントしていますし、鉄道会社も「手すりにおつかまり下さい」と暗に歩いては危険ですよと、アナウンスしています。

正論はたしかにその通りだと思いますが、習慣として定着しているものを無理矢理崩すのは果たしてどんなものか?とも思いますね。

あさ彦はJR大船駅をよく利用します。乗り換えの為が殆どですが、特に朝の通勤時間帯では左側で立ち止るのさえ、気兼ねする雰囲気です。そう、つまりホトンド全員がエスカレーターを歩いて利用しています。右側は特に急ぐ人たちが駆けあがっています。左は歩く人、右は走る人。これで誰も文句を言わず利用していますので、たまに立ち止っている人がいると後ろの人たちがイライラしてるのがわかります。

関西の朝はどうなんでしょうか?今週は神戸・大阪・奈良・京都と廻る予定にしていますので、それとなくエスカレーターの観察をしてみたいと思います。

« あさ坊のぶらりハマ歩き(46) 6月10日(月) 三渓園重文公開 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(30) 6月12日(水) 不発弾が語る戦争遺産 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/52014467

この記事へのトラックバック一覧です: あさ彦の爺(じじ)放談(29) 6月11日(火) エスカレーターのマナー:

« あさ坊のぶらりハマ歩き(46) 6月10日(月) 三渓園重文公開 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(30) 6月12日(水) 不発弾が語る戦争遺産 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30