« asajiroの湘南日記(62) 6月6日(木) 一遍上人と藤沢 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(28) 6月8日(土) 増える無縁仏の話 »

2013年6月 8日 (土)

あさ彦の爺(じじ)放談(27) 6月7日(金) 後を絶たない被害

今朝の新聞の地方版に、横浜市内で1日3件のオレオレ詐欺事件が発生したと報じていました。見出しは、オレオレとなっていましたが、アレ?と思いました。確か、とっくの昔に「振り込め詐欺」と変わってたのではと思ったからです。

ま、それはともかくとして、何故これだけ騒がれても事件は続くのでしょうか?恐らく実態は、この数十倍、或いは数百倍に達する未遂事件があると思います。「成功」して警察に「慌てて届け出た」か「被害届」を出したものだけが、報道されてる筈です。

つまり、大半はかかってきた電話を不審に思い、ただちに切る等未然に防いだことが考えられます。また、「非通知着信拒否機能」があれば、100%近く防げる筈ですが、その機能を備えていなかったと言うことでしょう。

自分の息子かどうか電話で判断できないのも不思議な話ですが、本人ではなく会社の上司だと名乗った場合には、誰でも被害者になり得る危険がありそうです。敵はあの手この手の新手を考えてるわけですから、よほど、冷静に考える余裕を持たないとダメなのでしょう。

警察では、高齢者の独り暮らしの人たちに具体的な対策も伝えてはいるようです。その一つが、常に留守電をセットしておくと言うこと。これだとかなり防げる気がしますが、留守でも「防犯上」セットしない人もあるらしく、なかなか広がらないようです。

自分は絶対に騙されないぞ!と思っていても、イザ、息子なり孫(と名乗る人)から助けてくれ!と電話があったら、アタマガ真っ白になってパニック状態になるようです。犯人グループからすれば、数打ちや当たる式で、片っ端から手分けして電話してるのでしょう。その時点で、検挙する方法を考えないとダメな気がします。

あさ彦も数年前に携帯のメールに利用料金未納の警告が来て、動揺したことがあります。身に覚えのない支払でも、今はクレジット社会ですから、何かが未払いで残ってたのかと一瞬焦りました。まだ、携帯に慣れてない時でしたから、知らずに何か契約でもしたのかと・・・。

でも、どう考えても心当たりがなかったので、無視することにしました。その後一度だけ督促がありましたが、その内、こなくなりました。警察や消費生活センターに相談するほどでもないとそのままにしたわけですが、それでよかったのかどうかはわかりません。

犯人たちにすれば、宝くじを買うよりはるかに当たる確率が高いのでしょう。笑いが止まらないのでは?それにしても、被害者の皆さん、自宅に何千万も現金を置いているのですね。そのあたりの金銭感覚が被害を生んでる一因かもしれませんね?

« asajiroの湘南日記(62) 6月6日(木) 一遍上人と藤沢 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(28) 6月8日(土) 増える無縁仏の話 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/51964466

この記事へのトラックバック一覧です: あさ彦の爺(じじ)放談(27) 6月7日(金) 後を絶たない被害:

« asajiroの湘南日記(62) 6月6日(木) 一遍上人と藤沢 | トップページ | あさ彦の爺(じじ)放談(28) 6月8日(土) 増える無縁仏の話 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31