« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(184) 5月25日(日) 北鎌倉下見 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(186) 5月28日(水) 本番を迎える »

2014年6月11日 (水)

あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(185) 5月26日(月) 箱根実習

来月中旬に箱根をガイドする予定があり、今日はその下見が行なわれました。小田原駅に集合して箱根登山鉄道の電車で入生田(いりうだ)で下車。本番のルートに沿ってまずは黄檗宗の古刹長興山紹太寺(しょうたいじ)に向かいました。

小田原藩2代藩主稲葉正則が両親と祖母春日局を弔いました。訪れる人もそう多くはないとみえ、長い石段は苔むしています。本番では上の廟所まで上がる予定はありませんが、今日は汗をかきながら登りました。続いて山神神社を参拝し、旧東海道を歩きます。

2代将軍秀忠の時代に整備された街道で世に「箱根八里」と謳われました。三枚橋を渡り白山神社でお昼にします。本番では半日コースのため解散場所の旅館に昼過ぎに入る予定です。

午後は早雲寺に入ります。あさ爺は確か3度目かと思いますが本堂(方丈)が修復工事中でした。内部には見事な襖絵があり見られないのは残念です。臨済宗大徳寺派で関東屈指の禅寺でした。豊臣秀吉に滅ぼされるまでの北条氏5代の菩提寺で、寺院名は初代北条早雲に由来しますが秀吉の小田原攻めにより灰燼に帰しました。

続いて正眼寺(しょうげんじ)に入りました。曽我兄弟の仇討ゆかりのお寺です。その後、旧東海道の石畳の道を歩きました。ここも3度目で前回は全ルートを踏破しましたが、今回は途中で分かれて解散場所の天成園に向かいました。ここの旅館の敷地内に玉簾の滝があります。高さ8m・幅11mで溶岩の中から流れ落ちる清水が玉すだれのように美しいことから名づけられました。箱根ジオパークの見どころの一つです。

温泉に入らないのは心残りですが、湯本温泉街を歩きながら本番に向けて箱根の勉強を加速させねばならないと思うあさ爺でした。

« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(184) 5月25日(日) 北鎌倉下見 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(186) 5月28日(水) 本番を迎える »

講座・座学・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/56453300

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(185) 5月26日(月) 箱根実習:

« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(184) 5月25日(日) 北鎌倉下見 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(186) 5月28日(水) 本番を迎える »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31