« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(235) 2月19日(木) 西口の思い出 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(237) 2月23日(月) 冬鳥を探す »

2015年3月 1日 (日)

あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(236) 2月20日(金) 台峯から長谷へ

EFGの自主研修で北鎌倉駅に集合。今日の参加者は17名。男女ほぼ半々です。まず光照寺へ。一遍上人が布教で鎌倉へ入ろうとしたところ、時の執権北条時宗に阻止され、やむなく近くで野宿したと云われる場所に建っています。時宗(じしゅう。「ときむね」ではありません)のお寺さんです。シャクナゲ寺とも呼ばれる花の寺でもあります。

斜面に広がる住宅街の中にひときわ大きな建物が。北鎌倉女子学園です。音楽科は特に一目置かれています。宝塚へ進む人もあれば、芸大にも毎年のように合格者を輩出する名門女子高です。

鎌倉三大緑地の一つ「台峯」を目指します。台峯見晴らし台からは北鎌倉が一望です。先月の自主研修で登った六国見山や麓にある禅刹円覚寺も。

葛原岡神社では建武の新政を見ることなく、鎌倉幕府に捕えられこの葛原ヶ岡の露と消えた日野俊基のことをお話します。幕府はこの翌年倒れました。鎌倉時代の終焉を迎える前夜の出来事で、特に明治の御代になって俊基は英雄と讃えられました。俊基が祭神の葛原岡神社は1887年、明治20年の創建です。

源頼朝像前で集合写真を撮ります。幼稚園児が大勢遠足で来ています。元気に走り廻る園児を相手に、先生たちはタイヘンです。銭洗弁財天から佐助稲荷と廻り、大仏ハイキングコースに入りました。アップダウンを繰り返しながら冬の山道を歩きます。昔は見ることが出来たと云う鎌倉大仏の背中も今は見ることができません。樹木が増えたせいです。

今回の参加者で最高齢は、喜寿を迎えた77歳の女性Uさん。しかし、皆さん現役のガイドでもあります。足腰はしっかりとしています。長谷の街へ下りました。山の中と違って、大勢の観光客で賑わっています。

最後は江ノ電長谷駅の近くにある「カンパネラ」に入り、そこで茶話会。男性陣の多くはビールで喉を潤し、女性陣はケーキセットで別腹を満たしました。今回も晴天に恵まれました。ただ、気温も上がったため、富士山の眺望が「日光の手前」、つまりイマイチでした。それでも、心配していた事故もなく無事解散。

自主研修は晴れ男、晴れ女の集まりなのか、毎回見事な晴天続き。あさ爺も今日で7回目となった自主研修のガイドを終えて、ホッと肩の荷を降ろしました。

« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(235) 2月19日(木) 西口の思い出 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(237) 2月23日(月) 冬鳥を探す »

講座・座学・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(235) 2月19日(木) 西口の思い出 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(237) 2月23日(月) 冬鳥を探す »

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30