« あさ鉄の車窓日記(39) 8月27日(木) 首都圏のローカル線 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(265) 8月31日(月) 新しい街SST »

2015年10月 1日 (木)

あさ坊のぶらりハマ歩き(81) 8月27日(木) 総持寺からビール工場へ

あさ爺の指示で鶴見線の研修報告をさせていただいのはあさ鉄でした。その研修の後半部分は当然あさ爺がと思っていましたが・・・。ナント、今度はあさ坊に振ってきました。確かに鶴見は横浜市であり、総持寺から生麦のビール工場にブラブラ歩いて行ったレポートですから、間違いとは言えません。そこで遅ればせながらのご報告。

小さな公園で解散した後は、線路(JRと京急のレールが何本も走ってます)をまたいで反対側に移動。曹洞宗大本山総持寺の境内に入りました。EFGメンバーのオプショナルツアーですが、地元のガイドさんが付き添ってくれて広い境内を案内してくれました。

お寺の正式な名前は「總持寺」ですが、ここでは一般的な字で報告します。今年はこのお寺の基礎を築いたと云われる二祖峨山(がさん)禅師650回大遠忌の年に当たります。元々は能登半島にありましたが、明治31年(1898)に焼失。

それをきっかけに横浜の鶴見に移転しました。本山の移転とは思い切った大事業だったことでしょう。因みに総本山は福井の永平寺です。能登では不便な事情があったのと、海外布教も視野に入れて開港して賑わう横浜に白羽の矢が当たったようです。

その広い境内を駆け足で巡ります。時間に余裕があればガイド研修としては石原裕次郎のお墓にも詣でたいところでしたが、生麦のビール工場の見学時間が迫っています。しかも昼抜き・・・。

京急花月園駅からわずか一駅ですが、生麦駅へ急ぎます。歩けない距離ではありませんが、ペコペコ状態の高齢者集団です。生麦駅から最後の力を振り絞って徒歩10分。お待ち兼ねのキリンビール横浜工場に到着。お楽しみの見学ツアーに参加します。

詳しくは企業秘密のため割愛しまして・・・、皆さん、これが最大目的の「試飲コーナー」に。ジョッキ3杯分の試飲が出来ると云う嬉しくてマジメなサービスに、参加者はおなかの空いた胃袋の中に様々なビールを流し込みます。あさ坊は「一番搾り」と黒ビール、更にハーフ&ハーフをお願いしました。ジョッキは小ですから酔っぱらうほどではありませんが、女性陣もガンバって挑戦していました。

その後は工場の境内、じゃあなかった敷地内にあるビアレストラン「スプリングバレーブルワリー」でランチ(モチロン、ビールもつけて・・・)。楽しく食事をした後は、16名のEFGメンバーほろ酔い気分でJR新子安駅に向かった次第です。

« あさ鉄の車窓日記(39) 8月27日(木) 首都圏のローカル線 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(265) 8月31日(月) 新しい街SST »

講座・座学・実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/61854429

この記事へのトラックバック一覧です: あさ坊のぶらりハマ歩き(81) 8月27日(木) 総持寺からビール工場へ:

« あさ鉄の車窓日記(39) 8月27日(木) 首都圏のローカル線 | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(265) 8月31日(月) 新しい街SST »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31