« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

asajiroの湘南日記(138) 9月30日(金) 免許証更新

先週から咳が止まらず、21日に近くの内科へ出かけた。レントゲン検査の結果、軽い肺炎を起こしているとのご託宣。薬を処方してもらって咳は軽くなったが、まだ治りきってはいない。年寄りはなんでも長引く。短くなったのは我慢する気持ちと脚の長さだけ。

22日の秋分の日は鎌倉由比ガ浜のホテルのレストランでランチ。本来は日本橋へ出かける予定だったが、風邪がおさまらないためキャンセル。近くの鎌倉へカミさんの付き添いで出かけた。

今日、新しい免許証が交付された。70歳を超えての更新は楽ではない。自動車学校へ行って高齢者講習の受講や適性検査を受けたし、自動車学校のあの狭苦しいコースでの実技もあった。ナントカそれをクリアしての今日がある。

次回はこれに認知症検査が加わると云うから恐ろしい話だ。昔の思い出を1時間しゃべれと云われればナントかなる。しかし、直前に見た絵を思い出して答えろとは、どだい無理難題だ。もう今から心配している哀れな小市民である。

しかし、自分は大丈夫と思っても、高齢者の事故は右肩上がりの伸びである。バブル時代の経済成長顔負けの、安定した高い伸び率。だから、これは警察権力にひれ伏すしかない。

今日の窓口でも、改めて警察は怖いところだと思った。交付する窓口の女性のブスッとした能面のような顔と態度。なに!免許証を取りに来たと?誰の許しで来たのだ!と云わんばかりの高飛車な態度。まるで容疑者扱いだ。コンビニ嬢や外食レストランのウエイトレス姉ちゃんのように、ニコニコと慇懃無礼にマニュアル言葉でも発すれば、窓口に並んだ小市民の高齢者も少しは気持ちをやわらげることが出来るのだが。

ま、そんなあり得ない空想をしているようでは、ホントに次回の更新はおぼつかない。警察の皆さま、よろしくお願いします。カシラ―、下へ!

あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(283) 9月21日(水) 悲喜こもごものガイド

相次ぐ台風に見舞われた今年の夏。それでも夏場はガイドをする機会は少ない。秋になってからは、この天気の良し悪しがもろに影響する。天候不順はガイド泣かせ、と云うことはとりもなおさずお客様泣かせと云うことでもある。

昨日は小出川彼岸花のガイド本番。彼岸花だけでなく、遠藤地区における古刹宝泉寺の本堂拝観もあり、慶応大学SFCのキャンパス見学も盛り込まれている。半日コースではあるが、あさ爺の自信作と云える企画だった。

が、しかし雨にやられた。何日も前から気象情報に一喜一憂しながらこの日を待った。週間予報があまり当てにならないことも知った。加えて台風接近のため、予報はめまぐるしく変わった。

企画が好評を得て、お客様の申し込みが相次ぎ定員をオーバーするに至った。ここまでは良かったが、昨日は雨になったのである。催行中止とするか、強行するか・・・。判断に迷ったが、台風の直接的影響は更に数日後となる見込み。大雨に関する警報も注意報も発令されていなかったので、実施に踏み切った。結果、参加者は3割に激減してしまった。

午前中は弱い雨が降ったり止んだりだったので、企画責任者としては安堵したが、参加取りやめをされたお客様には「あ~、もったいないなあ」と悔しい気持ち。雨も問題だったが、それ以上に誤算だったのは肝心の彼岸花が3分咲き程度だったこと。例年なら見頃の筈で今年ばかりは「彼岸花」の名称を返納して欲しい気持ち。

それでも参加して下さったお客様はほとんどが女性。オンナは強し。アンケートにも「雨なんてナンのソノ!」と頼もしいつぶやきが・・・。最後の慶応での学食がまことに楽しかったとの評判に救われる思いのあさ爺でした。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31