« asajiroの湘南日記(143-1014) 1月22日(日) 漸く横綱へ | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(290-1016) 2月4日(土) 養成講座 »

2017年2月 1日 (水)

あさちゃんの鎌倉日記(184-1015) 1月30日(月) 鎌倉探訪有志会

1月24日(火)、鎌倉ガイド協会のCコースに参加。鶴岡八幡宮、西御門の来迎寺(材木座にも同名のお寺あり)、荏柄天神社、鎌倉宮を廻る半日コース。新年にふさわしく開運招福を願う企画。来迎寺では本堂拝観があって如意輪観世音菩薩さまに新年のご挨拶を申し上げる。鎌倉でも人気の観音様だ。鎌倉宮では正式参拝と神苑・宝物殿の拝観も。これが理由でもあろうが、この日の参加者は約140名。快晴だったが気温は低かった。ガイドさんはS氏。

27日(金)はカミさんと鎌倉でお食事。御成町にある「ヨシノ」で、ランチをいただく。なかなか予約が取れないレストランでこの日の予約も昨年の秋にお願いしていた。三浦の野菜をベースにしたフレンチだが、とても美味しいものの量が少々多かった。店内は女性客が大半で、オトコはあさちゃんの他にはやはり夫婦づれの方のみ。ご婦人たちにはあのボリュームはいかがだったか?男性グループはお呼びでない雰囲気だが、スタッフは親切で好感が持てた。

皆さん、お昼からワインをお替りされてお話も賑やか。オンナ同士はどうしてあのように途切れなく話が続くのか、チラチラ見ていて感心したあさちゃんでした。一つ、発見したのは若いママ友がいなかったこと。幼稚園や保育園の合間には飲めないだろうし、お値段も決してお安くはないからか。第一、予約が難しいお店だし。大巧寺から若宮大路、小町通のお店に立ち寄って、老夫婦のおだやかな午後の鎌倉散歩でした。

28日(土)には小坪(逗子市)の現場で仕事。風も弱く、相模湾の波も穏やか。はるか伊豆大島がきれいに見える。いつもは鎌倉経由で帰るのだが、駅前に週末だけ開店しているコロッケ屋さん目当てに逗子経由に。しかし、もうお店は閉じたのか、居酒屋さんになっていた。名物の「ずっしりコロッケ」を買い損ねた。

そして今日30日、1年ぶりに再開された鎌倉探訪有志会に参加した。主催者のI氏はガイド協会のベテランガイド。今日参加された約50名の方々は以前からのリピーターで、云わば彼のフアンの皆さま。石造物から見た鎌倉の歴史・文化がテーマ。

圧巻は光明寺の内藤家墓地。かなり昔に入ったことはあったが、今日は特別拝観が実現した。磐城平藩、更に転封後の日向延岡藩歴代の藩主や正室の巨大な墓碑が建ち並ぶ。延岡城の美しい勾配の石垣を思い出した。材木座海岸に近い場所なので、大津波が襲ったらどうなるんだろうと余計な心配がアタマの中をよぎる。大名家の墓地はどこも壮大なものが多いが、大体は山の中が多い。ここは外からも眺められる稀有な場所と云ってよい。

今日は五所神社と材木座の来迎寺に存在する石造物も見て廻った。I氏の体調が恢復されての今回の再開。生涯現役のようなガイドの神様と云えるようなお方。どうぞ、いつまでもお元気で、我々を楽しませていただきたいと願わずにはいられない。

« asajiroの湘南日記(143-1014) 1月22日(日) 漸く横綱へ | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(290-1016) 2月4日(土) 養成講座 »

史跡巡り参加」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/69449306

この記事へのトラックバック一覧です: あさちゃんの鎌倉日記(184-1015) 1月30日(月) 鎌倉探訪有志会:

« asajiroの湘南日記(143-1014) 1月22日(日) 漸く横綱へ | トップページ | あさ爺の湘南・鎌倉ガイド(290-1016) 2月4日(土) 養成講座 »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31