« あさ爺の徒然日記(561) 5月7日(日) 戦災孤児を思う | トップページ | あさ爺の徒然日記(563) 5月9日(火) 子どもが被害者の事件 »

2017年5月 8日 (月)

あさ爺の徒然日記(562) 5月8日(月) フランス大統領選

今朝4時半にテレビのニュースを見る。果たして、フランスの大統領選でマクロン氏が勝利をおさめた。フランスの大統領選挙に、これほどの注目が集まったのは記憶にない。マクロン候補と比較するのは失礼だが、かつてドゴールが勝利をおさめた熱気を思い出した。

しかし、今回はEU絡みでの注目。トランプはイヤだが、クリントンも嫌いと云った、アメリカ国民の意識が今回も重なって見えた。マクロンとルペンのどちらがマシか?と云った選択選挙。それにしても、EUの理念は崩壊しつつあるのではないか?

時代が変われば、国際情勢は大きく変貌する。あのソ連が崩壊するとは思わなかったし、かつて植民地で埋め尽くされていたアフリカが、独立後にこれほど大混乱することも予測できなかった。今の時代、先行きを見通すことがホントに難しい気がする。後世、歴史を振り返ってみてはじめて、流れが説明できるカオスの時代に入ったようだ。

敵味方が入り組んだシリア情勢も読めない。日本の中世の応仁の乱みたいだ。中国も北朝鮮もよくワカラナイ国だ。共通しているのは、共に共産主義(社会主義?)国で核保有国。モチロン、一党独裁国家だが、特に中国は訳が分からない。毛沢東以降の権力争いがまだ続いているように見える。中国が義勇軍を組織して、マッカーサー国連軍と戦った朝鮮戦争はまだ終結してない。あくまでも休戦状態。

アメリカにトランプが現れ、韓国の大統領は不在。今の時期に北が本当に戦争を起こすかもしれないと思う。北にすれば核の放棄は絶対に譲れない筈だ。日本も追い詰められて、「やむなく?」真珠湾を攻撃した。今の北朝鮮・金王朝を、当時の日本の軍部(特に陸軍参謀本部)と同一視するのは間違っているだろうか?

« あさ爺の徒然日記(561) 5月7日(日) 戦災孤児を思う | トップページ | あさ爺の徒然日記(563) 5月9日(火) 子どもが被害者の事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/70503823

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の徒然日記(562) 5月8日(月) フランス大統領選:

« あさ爺の徒然日記(561) 5月7日(日) 戦災孤児を思う | トップページ | あさ爺の徒然日記(563) 5月9日(火) 子どもが被害者の事件 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30