« あさ爺の徒然日記(580) 6月19日(月) 地元のアジサイを見物 | トップページ | あさ爺の徒然日記(582) 6月21日(水) 嵐の一日 »

2017年6月21日 (水)

あさ爺の徒然日記(581) 6月20日(火) 総理迷走

国会が閉会し、総理が記者会見で珍しく謝罪した。しかし、口先だけの陳謝であることはいつもと同じ。現首相は憲法改正で、歴史に名を残すことに執念を燃やされておられる。しかし、名を残しても名声とは限らない。

戦後の長期政権を考えてみると、吉田茂はサンフランシスコ条約に調印して、西側の一員としての地位を確保した。佐藤栄作は沖縄返還を実現した。但し、非核三原則のノーベル平和賞は殆ど評価されていない。中曽根康弘は国鉄民営化を実現した。小泉純一郎は郵政民営化を実現したが、派遣法の改正は多くの国民を苦しめる結果となって今日に至る。

そして安倍晋三。アベノミクスは既に消え去り、仮に改憲が実現したとしても、後世に悪名を轟かせるだけの評価となりそうだ。それが本人にはわからない。祖父の岸信介も日米安保で混乱を招いた。評価は散々であるが、孫は祖父のおかげでニッポンの平和が保たれたと胸を張り、じいちゃんを尊敬している。

身内で尊敬するのは勝手だが、それにしても誠意の感じられない人だ。記者会見も、内閣支持率が逆転して目前の都議選に悪影響しそうだとの判断で、得意の口先だけの謝罪会見となった。モリかけ騒動も文科省も、総理のご意向もそんたくも、すべては安倍茶番劇と国民は思っているから、多くの人々は苦々しく思っていることだろう。それ以上に野党が寂しい。フランスが羨ましい。

« あさ爺の徒然日記(580) 6月19日(月) 地元のアジサイを見物 | トップページ | あさ爺の徒然日記(582) 6月21日(水) 嵐の一日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/70923675

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の徒然日記(581) 6月20日(火) 総理迷走:

« あさ爺の徒然日記(580) 6月19日(月) 地元のアジサイを見物 | トップページ | あさ爺の徒然日記(582) 6月21日(水) 嵐の一日 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31