« あさちゃんの鎌倉日記(489) 6月5日(月) 最後のお勤め | トップページ | あさ爺の徒然日記(575) 6月9日(金) 自宅で静養 »

2017年6月12日 (月)

あさちゃんの鎌倉日記(490) 6月6日(火) 救急搬送される

F旅行社の紅葉の時期に企画するツアーの下見で、永福寺跡から獅子舞の入口辺りを歩いた。お客様の反応を代弁していただく形で、いつものようにカミさんに同行して貰った。結果的にそれが良かった。いや、ガイドの話ではない。

鎌倉宮を出たあたりから急にカラダに異変を感じた。ふらつく感じがあり、車の道を避けて急ぎ永福寺旧跡への道に入った。どうにもおかしくカミさんに告白。休憩したくとも木陰はない遺跡である。しばらく見ない間に、随分と整備されて案内板も増えたが、じっくり読む余裕はなくなった。

タクシーを勧めるカミさんに「大丈夫!」と見栄と我を張って、バス・電車・バスと乗り継いで、自宅まで無事辿り着いた。1時間ほど横になってから、かかりつけ医を訪ねる。それからがタイヘンだった。

医師の診断で、緊急を要する事態と判明。帰宅したカミさんを呼び戻して医院が緊急手配してくれた救急車で、総合病院に搬送されてしまった。まだ、パトカー、救急車、霊柩車には乗ってないあさちゃんが、74歳にして初めて救急車に。医師も救急隊員も病院との連絡の中で、「74歳男性、意識あり」と連絡するのを聞いて、ま、どこの爺さんかと思ったが・・・。

救急外来で応急措置が施され、夜遅く、帰宅が許された。とにかく生きて帰れた。昼から、付きっ切りのカミさんには感謝の言葉しか浮かばない。

« あさちゃんの鎌倉日記(489) 6月5日(月) 最後のお勤め | トップページ | あさ爺の徒然日記(575) 6月9日(金) 自宅で静養 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/70841373

この記事へのトラックバック一覧です: あさちゃんの鎌倉日記(490) 6月6日(火) 救急搬送される:

« あさちゃんの鎌倉日記(489) 6月5日(月) 最後のお勤め | トップページ | あさ爺の徒然日記(575) 6月9日(金) 自宅で静養 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30