« あさ爺の徒然日記(601) 7月16日(日) 梅雨明けはまだ? | トップページ | あさ爺の徒然日記(603) 7月18日(火) 山麓会 »

2017年7月17日 (月)

あさ爺の徒然日記(602) 7月17日(月) 真夏のウグイス

「海の日」は、それにふさわしい真夏日に。列島各地では猛暑日にもなっている。朝倉や日田でも猛烈な暑さの中、大勢のボランティアも加わって後片付けに追われている。怪我を防ぐために長袖や作業ズボン、ゴム手袋を着用しているから、汗まみれの筈だ。災害ボランティアの経験がないだけに、いつものことながら頭が下がる。ましてや半病人になってしまった不甲斐なさ、何もすることが出来ない。

豪雨被害の方たちには申し訳がたたないが、あさ爺たちは昨日、神社に出かけて「雨乞い」のお願いをした。農園が深刻な水不足に襲われている。少しでも降ってくれれば有難いとのささやかなお願い。

ところで、1ヶ月ほど前から団地にウグイスがやって来て、美麗な鳴き声を聞かせてくれている。余りの見事さと声の大きさに、こう云う事例があり得るのかどうか知らないが、誰かが飼っているのか、或いはスピーカーかしらんと思ったが、去る日、電線に止まって鳴いているのを目撃した。

声はすれども姿は見えずが、森の中での一般的な鶯の生態だと思ったので、珍しい光景にしばし見とれた。近くに野鳥公園があるので、そこから出張してきたのかもしれぬ。そして止まっている蝉も目撃。今年の初セミだ。蝉とうぐいすの競演は、滅多におめにかかれぬ光景だ(と思うが)。本格的な夏到来である。

« あさ爺の徒然日記(601) 7月16日(日) 梅雨明けはまだ? | トップページ | あさ爺の徒然日記(603) 7月18日(火) 山麓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/71164437

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の徒然日記(602) 7月17日(月) 真夏のウグイス:

« あさ爺の徒然日記(601) 7月16日(日) 梅雨明けはまだ? | トップページ | あさ爺の徒然日記(603) 7月18日(火) 山麓会 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30