« あさ爺の徒然日記(716) 11月19日(日) 報道のあり方 | トップページ | あさ爺の徒然日記(718) 11月21日(火) 稀勢の里休場 »

2017年11月20日 (月)

あさ爺の徒然日記(717) 11月20日(月) どうした?稀勢の里

日馬富士事件の陰に隠れて、九州場所の動静がマッタク話題にもならない。テレビをつけても、出てくる映像は日馬富士、貴乃花親方そして貴ノ岩ばかり。その九州場所は既に中日を過ぎ、復帰した横綱稀勢の里がナント4勝5敗。勝ち越しすら危うい事態に陥っている。再び、休場に追い込まれるのは必至だ。

ただ、それで思い詰めて引退に踏み切る恐れも無きにしも非ずで心配している。元々、殆ど休場しない力士だった。それが例の日馬富士に土俵下へ「突き飛ばされて」重傷を負ったのが、すべての始まり。あさ爺にとっての日馬富士事件とは、この対稀勢の里戦のことだ。

火事場の馬鹿チカラのような凄い力を出すのが日馬富士の特徴で、それで過去何度か優勝をもぎ取っている。その犠牲になったのが、稀勢の里と貴ノ岩だったのだ。激高したハルさんが、貴ノ岩の頭をボンボン殴っただけで、相当のダメージがあることは容易に想像できる。

イヤ、今日は日馬富士の話ではない。稀勢の里にはかつての力強さがマッタク感じられない。相撲勘も衰えている。2,3場所全休してはどうか?このままだと、横綱がバタバタと辞めることになりかねない。

« あさ爺の徒然日記(716) 11月19日(日) 報道のあり方 | トップページ | あさ爺の徒然日記(718) 11月21日(火) 稀勢の里休場 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396849/72263653

この記事へのトラックバック一覧です: あさ爺の徒然日記(717) 11月20日(月) どうした?稀勢の里:

« あさ爺の徒然日記(716) 11月19日(日) 報道のあり方 | トップページ | あさ爺の徒然日記(718) 11月21日(火) 稀勢の里休場 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31