« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月19日 (火)

あさちゃんの鎌倉日記(559) 2月19日(火) 雨天対策

今週の金曜日の雲行きが怪しくなってきた。EKB20名の仲間と歩くのだが、天気予報が心配。下り坂でマークは曇りだが雨の確率は80%。ただ、今の時点では詳しい時間帯がまだ出ていない。実はいつも参加してくれる晴れ男と晴れ女に予定が入ってて不参加に。途端に晴れマークは現れてこない結果に。ぼやいてても仕方ないので、予定していた巡礼古道がダメになった場合の対策が迫られた。急きょ、う回路の確認に出かける。一昨年の6月のことがあるので、今日もカミさんが同行してくれる。特に今日は山道を下るので、爺さん一人では危ない。逗子からハイランドへのバスに乗車。浄明寺緑地からう回路に入った。これだと山道は5分足らずで下り終え、あとはアスファルト舗装の道を歩ける。雨天の場合はこのルートに決めた。帰りはバスには乗らず、田楽辻子(でんがくのずし)と呼ばれる鎌倉時代からの古道(今も生活道路)を通って駅まで歩いた。途中から雨が降り始めた。予報通りと云うか、かなり前倒しの雨。ま、対策が出来たおかげでまずは一安心。

2019年2月18日 (月)

あさ爺の徒然日記(991) 2月18日(月) 春よ来い

今年の冬は雪が積もるのかどうか?まだ2月も終わったわけではないが、どうぞこのまま降らないでくれと願っている。降ってもいいが積もらないでくれと云うのが正しいか。車の運転も回数が減ってきてはいるが、特に積雪ならお手上げだ。もうチェーンをまく元気もないし、元々下手な雪道運転だ、自分でもハナから敬遠している。先日、夜中だったが春一番も吹いた。花粉症の気があるので、決して楽しいばかりではないが、それでもラジオから春の歌が流れると老いたカラダにも活力が漲ってくる(ような気がする)。今朝も早春賦やうれしいひな祭りの童謡が流れてきた。駅のポスターも伊豆の水仙、河津桜、菜の花、ロウバイが目を和ませ、もう桜も登場してきた。我々の住む地方では東北の桜が多い。これはJR東日本だからだ。正直、信濃高遠の桜や奈良の吉野、京都の寺社を彩る絢爛たる桜花爛漫の図柄が見たいのだが、JRは肝っ玉が小さい。あさ爺は吉野と仁和寺の桜に憧れている。願わくば花の下にて春死なんである。

2019年2月17日 (日)

あさちゃんの鎌倉日記(558) 2月17日(日) 江の島ガイド

S会のお客様と久し振りに再会。病気で鎌倉でのN旅行のガイドを途中退場した折の顧客を、A氏が引き受けてS会として鎌倉散策を続けてこられた。実は更に複雑な事情が重なって、その年にN社が会社を解散し、シリーズで参加されておられたお客さまが行き場を失う事態が発生。昨日はそのお客さまを江の島に案内した。富士山は見えたり隠れたりであったが、それでもお客さまは石段を昇って、江の島神社を奥津宮まで廻られた。お昼は「魚見亭」で名物の江の島丼定食を。午後は梅の名所である片瀬の常立寺へと足を延ばす。しだれ梅は満開とまでは云えなかったが、五分咲き位が梅の場合は見頃のようだ。メジロが盛んに梅の花の中にくちばしを入れていた。漸く寒さが緩んできたのかなと淡い期待を抱いたガイドの一日であった。

2019年2月15日 (金)

あさ爺の徒然日記(990)  2月15日(金) パソコンが不調で…

ほぼ3週間ぶりのブログ更新です。パソコンに詐欺と思われる画面が登場し、素人のあさ爺はウイルスの襲撃なのか、それをやっつけますよと云う親切なアドバイスなのかもわからず、ドキドキしながら画面を操作していました。ところがカード番号を打ち込めとか名前を入力しなさいとかとなって、これはさすがにおかしい、詐欺に違いないと…。危うく一歩手前で踏みとどまったものの、相手は性懲りもなく襲撃してきており、これで終わりにしますとはならない。その内、同じような事例が頻発しているとみえて、その対処方法が運営会社から示され、漸くブログの更新ができるところまで復活。ま、詐欺師はこれからも襲ってくるだろうから、戦いは続くのだろう。この3週間の間に、世間ではいろいろ事件があった。最大の悲劇は稀勢の里の引退。目出度きことは玉鷲の初優勝と白鵬の休場。心配なのは池江選手の白血病。腹が立つのは桜田大臣のがっかり発言。安倍内閣は相変わらずですな。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30