« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月25日 (木)

あさちゃんの鎌倉日記(565) 4月25日(木) 鎌倉野菜の収穫体験

一昨日のことになるが、恒例の清仙会鎌倉散策の春バージョンが行われ、ガイドを務めさせていただいた。今月8日に鎌倉をガイド中にダウンした。その関係で、EKB(鎌倉勉強会)はもとより、ガイドクラブの行事をすべて辞退したのだが、これは交替ができずにいたもの。主宰者の青木夫人だけでなく、参加者からも「体調は大丈夫ですか?」とかのお言葉をいただいて、もうそれだけで本来ならガイド失格と云ってよい。お客様に同情されたり、心配されてはダメなのだ。しかも今日はいつものミステリーツアーではなく、事前に野菜の収穫体験をやっていただくことをお伝えしている。雨も不安だったが、炎天下でも困る。幸い、曇り空で風もなく、畑での作業には幸いだった。場所は鎌倉野菜の産地でもある市内の関谷地区。畑の主はこの日のランチのお店、イタリアン「オステリア・ジョイア」(鎌倉市御成町)のオーナーシェフの飯田さん。参加者(18名)に野菜の収穫についての解説をしたり、トラクターでのうね造りにとなかなかお忙しい。いつもなら富士山の絶景が楽しめるのだが、今日はあいにくの曇り空なので丹沢や箱根の山も見えなかった。参加者はほとんどがご婦人方だが、小学生の男の子やアメリカ人女性もおられた。畑作業を終えて龍寶寺(曹洞宗)を参拝。八重桜が見事だった。ボタン、カキツバタ、ヤグルマギクも咲いていたが、名物のシャクヤクはまだだった。でも花が多くてお客様は感激。午後は「オステリア・ジョイア」でランチ。農作業姿の飯田さんが見事にシェフに変身。皆さんが摘み取ったお野菜がお皿にのせられて登場。この企画は不安も多かったが、天気さえ良ければ大好評。今後の企画に役立ちそうな内容に、あさちゃんも倒れずにホッと一息。

2019年4月18日 (木)

あさ爺の徒然日記(1002) 4月18日(木) ノートルダム大聖堂の火災

16日の朝は、ノートルダム大聖堂の火災と云う驚愕のニュースで暁の夢を破られた。パリに行った人はモチロン、行ってなくても多くの人が写真や映像で見ているだろう。パリのシンボルと云ってよい。石造りの筈の教会が、なぜあんなに燃えるのだろうと、まずその疑問が頭をよぎった。しかし、確かに考えてみれば天井や屋根は木造なのだ。アーチの天井などが石では重量を支え切れないわけだ。アテネのパルテノン神殿やローマのフォロロマーノの神殿を見ても、柱は残っているが屋根は朽ちて今は見ることはできない。それにしても激しい燃え方だった。今日の夕刊によると、マクロン大統領は5年で再建すると言う。完成までに200年もかかった大聖堂がそんなに早く再建できるとは思えないが、観光大国としては確かに急ぎたいだろう。最近はどうだったか知らないが、以前は入場料なしで内部の見学は出来たし、シテ島というセーヌ川の中州にあるので、モンマルトルや凱旋門、エッフェル塔と共によく目につく場所なのだ。海外渡航経験の少ないあさ爺でも、ここだけは4度ほど出かけた記憶がある。仕事で出かけた都市はあまり覚えていないが、家族ででかけた旅行は印象も深い。オーランド、香港と共にこのパリも…。特にカミさんや娘にとっては初めての海外旅行だったから。

2019年4月14日 (日)

あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして…

奈良の旅から帰った翌日の5日、ガイドのアシスタントで横浜大岡川の桜並木を歩いた。吉野では不完全燃焼だった桜見物も、ここではまだ満開。水量の豊富な川なので、屋形船も運航されている。7日には統一地方選の投票の帰りに、地元の引地川親水公園の桜並木を散策。そして翌8日、鎌倉極楽寺の花祭りに出かけた。毎月恒例のEKB(江の島鎌倉勉強会)で、江ノ電長谷駅をスタート。あいにくの雨、しかも小田急が全線ストップで4,5人がトラブルに巻き込まれ、結局、世田谷からの参加者が諦められる事態に。最終的に19名の参加者で、成就院と花祭りで賑わう極楽寺へ。秘仏の本尊釈迦如来像や釈迦十大弟子像などと裏山奥の院に眠る開山忍性塔を拝観。忍性菩薩の墓所は毎年4月8日だけの公開だが、朝の雨のおかげで意外と空いていた。順調に進んでいた勉強会に、突如異変が生じたのは昼食場所を目前にしてのこと。事もあろうにガイドと云うか、講師、イヤ先達気取りのあさちゃん自身がダウンしてしまった。突然の目まいに襲われ、耐えきれずに座り込んでしまったのである。とにかく、意識を失って倒れるのを何としても防がねばとの必死の思い。当然、皆さん驚いた。救急車が手配され、生涯2度目の救急搬送となってしまった。もう一人のガイドのK氏に付き添われ、藤沢市民病院に担ぎ込まれたのでした。ガイドが倒れるのは、以前に客として参加した鎌倉でも2度目撃したことがあり、一番恐れていた事態。幸い、今は恢復し、こうしてブログを更新している。みんなに助けて貰った。原因は過労らしい。しばらくは屋外の活動を控えめにして、静養することになりそうだ。

あさ爺の徒然日記(1001) 4月4日(木) 仁和寺の桜

奈良泊とは言え、今回は泊まるだけ。興福寺や東大寺、薬師寺にも行かず、次の京都仁和寺を目指した。前回の京都は建仁寺、最近はアチコチ廻らず絞り込んでの京見物。実は嵐電にも乗りたかった。昔、一度は乗ったと思うが記憶にない。嵐電が桜のトンネルを通り抜ける映像を、最近NHKで見た。帷子ノ辻で乗り換え、御室仁和寺で下車。昔はただの御室だけだった筈。仁和寺も京都で生活しながら、山門の印象しかない。特別公開されている御室御所と呼ばれた御殿と霊宝館、観音堂、金堂と廻った。さすがに遅咲きの御室桜は蕾状態。カミさんがめざとく1輪か2輪見つけて喜んでいる。この仁和寺に憧れたのも、実はNHKの特集番組。テレビを見て、この寺院がこんなに広いのかと驚いたくらいで、知識が浅かった。五重塔は昨年の台風で破損し、その修理中。霊宝館では「令和」に因み、万葉集の該当箇所の実物展示が行われていた。仁和寺から近くにある筈の立命館衣笠キャンパスを目指す。目的は学食。東大、慶応、学習院と名門大学の学生食堂踏破に続き、立命に突入。新入生とクラブへの勧誘に忙しい上級生で広い学内もお祭り騒ぎ。図書館で白川静展を覗き、次は府立植物園を目指した。テレビつながりではないが、今朝のホテルのテレビで京都府立植物園のシダレザクラが採り上げられていた。案の定、駐車場も1時間待ちの車の行列。お目当ての桜も見られて、新幹線で帰途についた。この京都でも今回は仁和寺、立命、植物園と観光コースからは外れた老夫婦の旅でした。

あさ爺の徒然日記(1000) 4月3日(水) 吉野の桜を求めて

あさ爺がつれづれに綴ったこのブログも、めでたく1,000回に達しました。イヤ、これは単なる通過点でありますぞ、と老いも顧みずに息巻いている爺さんであります。その爺さんが、死ぬまでに一度は吉野の桜を見たいものよと、一念発起して奈良へ旅立ちました。2日に新幹線、近鉄と乗り継いでカミさんの知人と待ち合わせ。彼女の車で桜井市の大神(おおみわ)神社に参拝。日本最古の神社と言われ、山の辺の道の途中に鎮座。ほぼ見頃の桜が見事だった。この日は蔵の街として人気の高い今井町の民宿に泊まる。カミさんの学生時代の友人5人が集まって、青春時代の話に花を咲かせる。3日に我々夫婦は皆さんと別れ、いよいよ念願の吉野へ。近鉄吉野駅からバスで中千本へ。更に乗り換えて一挙に奥千本まで登る。上はまだだろうなと思っていたが、まだどころか残雪が至る所に。バスの車窓から見えた「満開の桜」は実は雪を被ってたとわかり仰天。寒さに震えながら金峰神社に参拝。そこからはほぼ下り坂の山道を下り、吉野水分(みくまり)神社、竹林院、桜本坊(もとぼう)、南朝ゆかりの吉水神社、東南院と参拝。中千本で少し、下千本で漸く5分咲きとなった吉野の桜でした。最後は世界遺産の蔵王堂を拝観、ロープウェイには乗らずに七曲坂を下って下山。奥や上ではまばらだった人出も中と下は団体客で溢れる。日程の変更ができない外国人、特に中国人観光客で賑わっていた吉野でした。一目千本のような迫力には欠けたけれど、途中の茶店で名物の吉野葛も味わえた。この日は奈良のホテルに泊まり、買い求めた柿の葉寿司のお弁当をいただいた。

 

あさ爺の徒然日記(999) 4月1日(月) 新元号発表

今年の桜は少し遅い。卒業式に咲くのか、いや、それとも入学式に?どちらでも絵にはなるが、昔は入学式に桜がつきものだった気がする。それを待ちきれない近所のお年寄たちと、30日に大庭城址公園に花見にでかけた。近所と言っても同じ団地の常連で、今年は9名が5分咲きの桜を愛でる。面白いもので、朝よりも帰る夕方(6時間も飲み食いしてた)には満開に近い状態になった。例年だと公園も賑わうのだが、今年は天気予報が芳しくなかったせいかいつもの半分程度。4月1日、いよいよ新元号が発表された。あさ爺の事前の予想は、「永昭」と云うものだったが、これは予想と云うより期待。それにしても「令和」は想定外。アベちゃんのことだから、日本の古典から選ぶだろうとは思っていたが、メディアが面白おかしく騒ぎ立てた予想番付の中にはマッタクなかった。それよりも驚いたのは鎌倉の小町通りに令和さんがいたということ。短時間で見つけ出し、インタビューもして戸惑い顔のオジサンの映像が流れた。首相批判には腰が引けて及び腰のマスコミも、元号騒ぎにはノリノリで、おかげで首相もまるで自分が選んだかのような顔で(確かに最終決定は彼の専権事項か)頼まれもしないのに記者会見をなさっている。いよいよ平成もあと30日だ。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30