« あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(565) 4月25日(木) 鎌倉野菜の収穫体験 »

2019年4月18日 (木)

あさ爺の徒然日記(1002) 4月18日(木) ノートルダム大聖堂の火災

16日の朝は、ノートルダム大聖堂の火災と云う驚愕のニュースで暁の夢を破られた。パリに行った人はモチロン、行ってなくても多くの人が写真や映像で見ているだろう。パリのシンボルと云ってよい。石造りの筈の教会が、なぜあんなに燃えるのだろうと、まずその疑問が頭をよぎった。しかし、確かに考えてみれば天井や屋根は木造なのだ。アーチの天井などが石では重量を支え切れないわけだ。アテネのパルテノン神殿やローマのフォロロマーノの神殿を見ても、柱は残っているが屋根は朽ちて今は見ることはできない。それにしても激しい燃え方だった。今日の夕刊によると、マクロン大統領は5年で再建すると言う。完成までに200年もかかった大聖堂がそんなに早く再建できるとは思えないが、観光大国としては確かに急ぎたいだろう。最近はどうだったか知らないが、以前は入場料なしで内部の見学は出来たし、シテ島というセーヌ川の中州にあるので、モンマルトルや凱旋門、エッフェル塔と共によく目につく場所なのだ。海外渡航経験の少ないあさ爺でも、ここだけは4度ほど出かけた記憶がある。仕事で出かけた都市はあまり覚えていないが、家族ででかけた旅行は印象も深い。オーランド、香港と共にこのパリも…。特にカミさんや娘にとっては初めての海外旅行だったから。

« あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(565) 4月25日(木) 鎌倉野菜の収穫体験 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(565) 4月25日(木) 鎌倉野菜の収穫体験 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30