« あさ爺の徒然日記(1000) 4月3日(水) 吉野の桜を求めて | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… »

2019年4月14日 (日)

あさ爺の徒然日記(1001) 4月4日(木) 仁和寺の桜

奈良泊とは言え、今回は泊まるだけ。興福寺や東大寺、薬師寺にも行かず、次の京都仁和寺を目指した。前回の京都は建仁寺、最近はアチコチ廻らず絞り込んでの京見物。実は嵐電にも乗りたかった。昔、一度は乗ったと思うが記憶にない。嵐電が桜のトンネルを通り抜ける映像を、最近NHKで見た。帷子ノ辻で乗り換え、御室仁和寺で下車。昔はただの御室だけだった筈。仁和寺も京都で生活しながら、山門の印象しかない。特別公開されている御室御所と呼ばれた御殿と霊宝館、観音堂、金堂と廻った。さすがに遅咲きの御室桜は蕾状態。カミさんがめざとく1輪か2輪見つけて喜んでいる。この仁和寺に憧れたのも、実はNHKの特集番組。テレビを見て、この寺院がこんなに広いのかと驚いたくらいで、知識が浅かった。五重塔は昨年の台風で破損し、その修理中。霊宝館では「令和」に因み、万葉集の該当箇所の実物展示が行われていた。仁和寺から近くにある筈の立命館衣笠キャンパスを目指す。目的は学食。東大、慶応、学習院と名門大学の学生食堂踏破に続き、立命に突入。新入生とクラブへの勧誘に忙しい上級生で広い学内もお祭り騒ぎ。図書館で白川静展を覗き、次は府立植物園を目指した。テレビつながりではないが、今朝のホテルのテレビで京都府立植物園のシダレザクラが採り上げられていた。案の定、駐車場も1時間待ちの車の行列。お目当ての桜も見られて、新幹線で帰途についた。この京都でも今回は仁和寺、立命、植物園と観光コースからは外れた老夫婦の旅でした。

« あさ爺の徒然日記(1000) 4月3日(水) 吉野の桜を求めて | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさ爺の徒然日記(1000) 4月3日(水) 吉野の桜を求めて | トップページ | あさちゃんの鎌倉日記(564) 4月14日(日) 極楽寺花祭り、そして… »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30