« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

あさ爺の徒然日記(1592)令和元年7月29日(月)大船渡高校の監督判断に疑問

関東以北の梅雨明けが遅れていたが、甲子園の出場校は順調に出揃いつつある。郷里の代表校は高松商業に決まってご同慶の至り。母校ではないが古豪の名門校で県立校。我が母校もこの強豪に何度も夢を阻まれた。しかし、最近は私立の野球強豪校がしのぎを削る状況が続いていた。県外からの野球留学が当たり前の彼らに、親近感は湧かない。さて、岩手県予選決勝戦で見せた大船渡高校の監督の判断は理解に苦しむ。野球は素人なので、それが正しい判断だったかどうかはわからない。しかし、球児は甲子園が夢の舞台ではなかったのか?佐々木投手が出なくても勝つつもりであったと云ったらしいが、相手は強豪の花巻東だ。因みにこの学校は名前を聞くと公立みたいだが、私立の野球強豪校だ。大船渡はモチロン県立。佐々木投手が堂々と投げ勝って、甲子園の大舞台を踏ませるべきであった。彼らの夢を打ち砕いたのは、相手チームではなく自軍の監督だった。何か勘違いしてるのでは?この投手は逸材だから、プロで大成させたい?或いはメジャーに挑戦させたい?だから、カラダを壊さぬように。これだと、別に甲子園は目標ではなくなる。今回の対応は、全国の高校野球フアンを落胆させた。喜んだのは思いがけずも2年連続で甲子園のキップを手に入れた花巻東の選手だけだ。彼らの前に立ちはだかる筈の高い壁が急になくなってしまったのだから。学校に抗議の電話が殺到したとのニュース。警察が警備を始めたとか。たかが野球、されど野球なのだ。甲子園の楽しみは減ったが、熱戦が続くことを期待したい。夢は東海大相模と高松商で優勝を争って欲しい。共に春夏2度づつ優勝した名門校だ。

2019年7月25日 (木)

あさ爺の徒然日記(1591)令和元年7月25日(木)日韓関係は?

自民党OBで知名度の高いK井氏がテレビで韓国を無礼呼ばわりして批判していた。同じ党の現職のH澤氏も別の番組で吠えていた。いずれもテレビでよく見かける御仁だが、共に品性に欠けるきらいがある。テレビカメラの向こうにいる保守層を意識しての勇ましい発言だろう。偶然かも知れないが、お二人は共に警察官僚OBだ。癖が抜けきらないようだ。さて、その日韓の元の根っこは何だ?日本側は今回の輸出規制とは無関係としているが、例の徴用工問題が発端である。この件がなければ、唐突に輸出規制に踏み切るわけがない。ただ、外務省と経産省がどこまで事前に調整したかは不明。徴用工で政府が直ちに猛反発したのは、モチロン、日韓請求権協定で解決済みだからである。ただ、それ以上に日本有数の巨大企業の資産が抑えられそうになったからではないか?政府与党J党の支持母体である財界のことを心配したからであって、一般国民はカヤの外。つまり、日韓で紛争(戦争?)が勃発した場合、国民は財界とJ党の為に戦うことになる。韓国軍を甘く見ると危険だ。ロシアに対してさえ、警告射撃とは言え実弾360発を放った国である。舞台はWTOの場に持ち込まれた。1年後には「平和の祭典」オリパラが開かれる国としては、違和感が強い。河野太郎大臣も呼びつけた韓国大使の話を遮って、「無礼だ!」と猛抗議したのはカメラを意識したからではないか?ロシアも領空侵犯で日韓から抗議を受けて、目を白黒(白青?)させたのではないか。ま、2度目の東京五輪返上とならないようA総理には冷静に対処して貰わねば…。近衛さんのように文政権を相手とせず…などと啖呵を切らないことだ。外交担当総理の力量が試される。「日韓関係は既にコントロールされている」と世界にアピールを。

2019年7月24日 (水)

あさ爺の徒然日記(1590)令和元年7月24日(水)ガソリンの販売規制はできないか?

あさ爺は京都アニメーションなる会社を知らなかった。外国人でも知っている人が多いそうなので、アニメフアンの中では知名度が高かったのだろう。それにしても残虐非道な事件だった。アニメではサザエさんとアンパンマン、ちびまる子ちゃん位しか知らない爺さんであるが、アニメ制作現場の姿は「なつぞら」を見ているので彷彿として浮かんでくる。連ドラは昭和30~40年代の話なので、現在はもっと進化しているだろう。原画、動画、作画、仕上げ、背景などと云った単語も知った。今でも感性豊かな若い人たちが、大勢働いていたに違いない。ドラマの中の人たちとオーバーラップして胸が痛む。ところで、この種の事件は精神的に少しおかしい強烈な悪意を持った男が犯人であった。防犯体制を強化したり、防火構造を工夫したところで防ぎようがない。やはりここはガソリンの販売規制を強化できないか?発電機や農機具に使用する人たちには、事前に購入許可証を交付し、本人確認できればこれまで通り販売すればよい。韓国への輸出を厳重に規制できる日本政府のことだ。ガソリンの販売規制は外交の懸念はないし、今なら多くの国民の納得は得られると考える。政府が最も恐れる無差別テロの道具にもなりかねない今回の事件だ。昔、新宿駅西口で起こった京王バスへの放火大量殺人を思い起こした今回の事件。ガソリン販売が事実上の野放しのまま放置されているのが不思議。メディアも声を上げないのは農業団体とその支持政党であるJ党への忖度?それにしても一瞬何が起こったのかわからないまま命を絶たれた多くの若い人たちの無念さは察して余りある。心よりご冥福をお祈りします。合掌

2019年7月22日 (月)

あさ爺の徒然日記(1589)令和元年7月22日(月)参院選の結果をどう見るか?

昨日の参院選の結果が出た。各紙が予想したものに不思議なくらい似通っている。各社の事前調査も確かなもので感心させられる。関西地区では軒並み立憲が苦戦、敗退。ご当地神奈川でも4議席の定員に対し、改憲派政党が3議席獲得した。これは番狂わせではないだろう。紙面には「なんとなく自民、野党任せきれぬ」(毎日)の見出しが躍った。消極的支持で自民を勝たせたような言い方であるが、あさ爺には「積極的支持」としか映らない。そんなあやふやな考えで、憲法9条の改定を目論む政党に票を投じるとは信じられないし、信じたくもない。従って、ほぼ3分の2の人たちには、昔の戦争の悲劇は忘れたか伝わっていないのだと思う。勇ましいA首相に全幅の信頼を寄せていることがはっきりしたのでは?早くもN幹事長の口からは4選の意向が出てきた。彼に言われるまでもなく、こんな素晴らしい総裁には引き続き総理を務めて貰いたいものだ。昔の吉田茂やその弟子の佐藤栄作、もっと昔の桂太郎など長期政権の首相は、みんな人気がなかった。この不人気も大事な勲章なんだろう。A首相はすべてが兼ね備わっている。令和元年の国政選挙で、日本国民が選択した道筋により、ホルムズ海峡や対馬海峡で戦端が開かれたとしても、もう誰も文句は言わない筈だ。ところで今の時代、兵士は最後に何と叫ぶのだろうか?天皇陛下万歳!ではあるまい。その後、間違いなく靖国に行けるのだろうか?9条を改めるなら、そのあたりのこともきちんとしておいて欲しいですね、A総理。

2019年7月15日 (月)

あさ爺の徒然日記(1588)令和元年7月15日(月)皇室の今後を考える

参院選の選挙公報を読んでも、どの政党の公約にも皇室の在り方に触れているところはない。政争の具には出来ないと云うことだろうか?久々に真子さまの元気なお姿がテレビに出た。例の話題ではなく、南米への公式訪問のニュース。つまりお仕事である。マチュピチュを訪ねられたとかで、ちょっぴり羨ましくなった。ところで公報には掲載されてないが、テレビ討論で女性天皇の是非を問われたA自民党総裁は、党で議論中なのでと態度を明らかにしなかった。他の党はすべて条件付きを含めて、賛成の意向を示している。自民党が時代錯誤に陥ってる状況がうかがえる。男女同権はさておき、男系男子による万世一系の皇室と云うのがそもそも歴史的に見ても怪しいとされている。先般、世界遺産に認定された大阪の古墳群でも取り沙汰されているが、天皇家も元を正せば、河内、大和、出雲、九州の豪族同士の勢力争いから抜け出てきた一族。帰化人の血も混じっているだろうし、後継ぎがいなければ複雑な養子縁組により命脈を繋いできた筈。万世一系の根拠とされている古事記や日本書紀も所詮は勝者(時の権力者)の記録。彼らに都合良く編纂されてきたのではないか?それらの古典を根拠に、女性天皇や女系天皇は認められないとする保守派の学者には、とても賛同する気にはなれない。現在の皇室典範は明治憲法を根拠として制定されたものなので、まずは女性天皇を「条件付き」で復活させることからスタートすべきだろう。国民の賛同が得られるよう、議論を活性化させてはどうか?9条の改定よりも、急ぐ話だと思われる。否、9条の問題よりも確実に広く、活発な意見が出そうな気がするのである。

2019年7月 9日 (火)

あさ爺の徒然日記(1587)令和元年7月9日(火)大阪城のエレベーター問題

G20がその後の板門店会談で少し影が薄くなってしまったが、そのレセプションでA総理の発言内容が話題になった。大阪城のエレベーターはミス、つまり誤って取り付けたかのような例の発言である。総理はジョークのつもりだったから、メディアが揚げ足取りをするのには賛成できない。下手な冗談として片づければ済むものを、いろんな人の反論を掲載したから、首相が慌てて訂正したりした。ところで、鉄筋コンクリート造の復興天守はエレベーターの設置は珍しくないので、要するに設計のミスではなかった筈。あさ爺は小学校の修学旅行で大阪城の天守閣でエレベーターのお世話になった。もう65年前の昔の話。とてもクラシックなドアだった記憶があるが、今はどうなのか?なんだか、又、天守閣に昇りたくなった。復興天守と復元天守は似て非なるものだ。復元は昔の通りに建てることだと思うので、名古屋城が今の鉄筋コンクリート造の天守を取り壊して、木造による復元を目指しているのがそれだ。この場合、エレベーターはどうするのだろう。常識的にはあり得ない話だが、バリアフリー対策で特別に設置されるのか?これは河村市長に聞けばいいのかな?文化庁は、城郭の復元について厳しい態度で臨んでいるので、「へんなもの」をくっつけるなんて論外となるのでは?ところでA総理の話に更にいちゃもんをつけたい。まるで昔のままに建てたように言ったらしいが、あの天守閣は豊臣時代のものでも徳川時代のものでもなく、強いていえばその折衷案的なものだと聞いたことがある。ついでに江戸城の天守閣復元運動もあるが、徳川幕府も無用の長物として再建しなかったものを、なんで今更?  天皇のお住まいが上から覗かれて、別な意味で恐れ多いトンデモナイ話ではないかと思っている。

2019年7月 8日 (月)

あさ爺の徒然日記(1586)令和元年7月8日(月)監視カメラの効用

中国で監視カメラ網が都市部を中心に、隈なく張り巡らされているそうだ。日本では防犯カメラと呼ぶそうだが、実際は監視そのものである。国内での普及度はどの程度なのだろうか?昨年のハローウィンだったかで、渋谷のスクランブル交差点での自動車転覆騒動の犯人が、数名特定され検挙された事件があった。「犯人」を特定させるためには、顔だけでなく住まいや名前も調べなければならない。それをカメラの追跡捜査で追い詰めたのだ。日本も知らない内にそこまで整備されてきたと云うわけ。国内では個人の人権保護で一部に抵抗もあるようだが、やはり「防犯と容疑者検挙」の為には、どんどん増設してもいいのではないか?何もやましいことをしていなければ、びくつく必要はない。防犯面での効果はイマイチ怪しいが、犯人検挙には大いに役立つ。その中国、先般のNHKスペシャルで現代の「人民」が、今の監視社会をどう思っているかの特番があった。鎌倉千秋アナが達者な中国語を駆使して、相当突っ込んだ取材をしている。興味深かった。得られた「結論」は、大半の国民は現在の経済成長に満足して、政府を肯定し(支持とはチョッと違う)危うい話題は意識的に避けるとのこと。ちょうど我々が公私を問わずいろんな集まりの中で、政治や宗教の話を避けるのと似たような感覚か?ただ、あさ爺はブログでも飲み会でも平気で、自民党やA首相を批判したり揶揄して面白がってるが、中国で共産党や習主席を批判すれば直ちに監獄行きだ。「学習」の結果、更生できなければ非公開の裁判で処刑される。ここが大きな違いだ。道理で、中国人観光客も留学生も、帰国すれば日本で見たこと聞いたことを胸の中に封印してしまう。もう、それに慣れているようだ。

2019年7月 4日 (木)

あさ爺の徒然日記(1585)令和元年7月4日(木)戦死者ゼロの奇跡

今日は我らが宗主国「アメリカ合衆国」の独立記念日である。めでたいことだ。当然、首相官邸でも何らかの祝賀イベントがあり、米国大使館への首相のお祝い訪問もあるかと思うが、参院選の公示日なのでさすがにそんなヒマはないか?断るまでもなく米国は第二次世界大戦の戦勝国であり、連合国の盟主でもあった。ところがそのアメリカは戦後も世界各地で戦争を続け、特にベトナムでは大戦を上回る戦死者を出した。当時の連合国側のソ連、英国、仏国、中国も多くの戦争や紛争・内戦に手を染め、多数の犠牲者を出している。かたや敗戦国のニッポンは、戦後74年間に一度も戦争に加担せず、紛争に巻き込まれることなく戦死者も相手国(敵国)の犠牲者も出していない。これは何が原因か?憲法9条とアメリカの核の傘のおかげである。その憲法もアメリカでお膳立てしてくれたものだ。アメリカ様さまである。だが、トランプはイライラし始めた。日米安保条約が片務契約であるのは許し難いと。そうだろう、かの国の国民も腹を立ててるのはよくわかる。A総理もなだめるのに必死だ。まずはネックになってる憲法を変えてご覧に入れます、集団的自衛権も更に拡大して、貴国の代わりに敵国へ突撃します!と。我が国の戦後の歴代総理が守り続けた平和憲法を、それもほとんどの首相は自民党、それらの先輩の努力を一切ホゴにするのが、A首相の悲願なのだ。勇ましい人に限って、イザとなればいの一番に逃げるものだとはよく言われることだ。関東軍も満蒙開拓団を見捨てて逃げた。サイパンでも沖縄でも軍は民衆を盾にした。子も孫もいないAさんにとっては戦争は恐ろしくもなんともない。さあ~、今日からは有権者が真剣に考える時だ。改憲派と護憲派の戦いが始まる。

2019年7月 3日 (水)

あさ爺の徒然日記(1584)令和元年7月3日(水)免許証返納すべきか迷う

来月、自動車学校で認知症機能検査と云う奴を受ける。モチロン、趣味で受けるのではない。カミさんは前後して高齢者講習を同じ学校で受ける。こちらはその終了証を貰って添付しなければ、免許証の更新が出来ない仕組みになった。タバコで愛煙家に対する締め付けが厳しくなってきたのに似ていて、高齢者への免許更新は日毎に厳しさを増している。「喜ばしい」ことだ。これで、世の中から悲惨な交通事故が少なくなれば、これはAちゃん(総理のこと)の更なる功績の一つとなる。同時に、あさ爺(立派な後期高齢者)は若者(とは限らないか)に対する「危険運転致死傷」の更なる厳罰化を進めて欲しいと思っている。今でも猛烈に腹の虫がおさまらないが、滝川で起こった信号無視による暴走事故。家族4人の内、3人が即死した悲惨なもので、「犯人」は車2台に分乗して、直線の国道(北海道には多いのだ)を止まらずにぶっ飛ばす遊びをやっていた。こんな奴らは法定の最高刑を超えて、死刑にすればいい。アクセルとブレーキを踏み違えた哀れな爺さん(モチロン婆さんも)による事故とは比較にならない。幸い?、池袋の母子死亡事故の加害者たる元通産省の高級官僚氏に対しては、警視庁も丁寧な聞き取りで穏便な対応をなさっている。理由は定かでないが、ドナタかへの忖度だろう。話は横道にそれた。これこそ危険な運転だ。要するにあさ爺は不幸にして認知症検査にパスした場合、自分で決めなければならないのだ。返納者には報償として、全国一律5年間はバス代無料としてくれたら、年金で暮らせない年寄りはもう迷わない。その財源は、トランプの戦闘機1機分で賄える筈だ。

2019年7月 1日 (月)

あさ爺の徒然日記(1583)令和元年7月1日(月)板門店会談の衝撃

トランプ氏のやり方は先が読めない。G20の大阪から韓国に向かい、その日程の中で板門店で金正恩と会った。電撃的な再会であった。これまでのトップ同士が会う時は、ほぼ合意が出来上がってから登場すると云うのが外交慣例。だから握手をして30分程度の会談で、早くも共同宣言を出せたりする。だが、トランプのやり方は、まずトップ同士の人間関係構築に力を注ぐ。そしてお互いの信頼関係を築き上げて、交渉妥結に結び付けようとする。よく考えてみれば、この手法は我らが宰相と同じだ。大統領選に当選した直後に、誰よりも早くアメリカに乗り込みトランプに「挨拶」をした。以来、武器の購入や貿易の交渉ではトランプに押されっぱなしはご承知の通り。プーチン氏との関係も似ている。まるで親友みたいだが、領土はびた一文戻る気配はない。しかし、この両者の手法は選挙対策であることがわかる。交渉を(にこやかに)続けられる関係であればいいのだ。妥結は二の次。今、この相手との交渉が途切れてしまっていいんですか?となる。問われているのはまさしく有権者なのだ。その我らが宰相も、文大統領からの会談要請は蹴飛ばした。もったいない話である。会談だけはやれば、後の交渉に繋げられたであろうにと考えるのは、素人のKY爺さんの浅い考えか?しかし、それは相手が韓国だから、強く出た方が国民の支持と喝采を得られると値踏みしたのだろう。何も考えていないように見えて、A首相は心底、国民のことを考えて下さっている。ありがたいことではないか。参院選も自民党の圧勝…。気のせいか、三原じゅん子嬢の高笑いが聞こえてきた気がした。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31