« あさ爺の徒然日記(1587)令和元年7月9日(火)大阪城のエレベーター問題 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1589)令和元年7月22日(月)参院選の結果をどう見るか? »

2019年7月15日 (月)

あさ爺の徒然日記(1588)令和元年7月15日(月)皇室の今後を考える

参院選の選挙公報を読んでも、どの政党の公約にも皇室の在り方に触れているところはない。政争の具には出来ないと云うことだろうか?久々に真子さまの元気なお姿がテレビに出た。例の話題ではなく、南米への公式訪問のニュース。つまりお仕事である。マチュピチュを訪ねられたとかで、ちょっぴり羨ましくなった。ところで公報には掲載されてないが、テレビ討論で女性天皇の是非を問われたA自民党総裁は、党で議論中なのでと態度を明らかにしなかった。他の党はすべて条件付きを含めて、賛成の意向を示している。自民党が時代錯誤に陥ってる状況がうかがえる。男女同権はさておき、男系男子による万世一系の皇室と云うのがそもそも歴史的に見ても怪しいとされている。先般、世界遺産に認定された大阪の古墳群でも取り沙汰されているが、天皇家も元を正せば、河内、大和、出雲、九州の豪族同士の勢力争いから抜け出てきた一族。帰化人の血も混じっているだろうし、後継ぎがいなければ複雑な養子縁組により命脈を繋いできた筈。万世一系の根拠とされている古事記や日本書紀も所詮は勝者(時の権力者)の記録。彼らに都合良く編纂されてきたのではないか?それらの古典を根拠に、女性天皇や女系天皇は認められないとする保守派の学者には、とても賛同する気にはなれない。現在の皇室典範は明治憲法を根拠として制定されたものなので、まずは女性天皇を「条件付き」で復活させることからスタートすべきだろう。国民の賛同が得られるよう、議論を活性化させてはどうか?9条の改定よりも、急ぐ話だと思われる。否、9条の問題よりも確実に広く、活発な意見が出そうな気がするのである。

« あさ爺の徒然日記(1587)令和元年7月9日(火)大阪城のエレベーター問題 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1589)令和元年7月22日(月)参院選の結果をどう見るか? »

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさ爺の徒然日記(1587)令和元年7月9日(火)大阪城のエレベーター問題 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1589)令和元年7月22日(月)参院選の結果をどう見るか? »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31