« あさ爺の徒然日記(1595)令和元年8月21日(水)京アニ事件のその後 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1597)令和元年9月7日(土)お別れの会 »

2019年8月28日 (水)

あさ爺の徒然日記(1596)令和元年8月28日(水)自民党の良識派

京都府警が京アニ事件全犠牲者の氏名公表に踏み切った。遺族の了解は完全には得られていないようだが、犯罪史上空前の事件に対する全容解明と犠牲者への正当な鎮魂が深まるだろう。ただ、献花台が撤去されたのはどうしてだろう?事件を風化させず、献花に訪れる人たちが後を絶たないと云うのに…。話は変わるが今日の夕刊(毎日紙)に自民党石破氏が、日韓の現状は歴代の政権が戦争責任に真剣に向き合ってこなかったからと発言。早速党内からは、これで彼の総裁の目は無くなったと批判が噴出。願わくは、こうした良識派の声が押しつぶされないことを祈る。発言も自由だし、批判するも自由。それが即ち、言論の自由が保障されている証でもある。ただ、現状はA総理への忖度大合唱で、かつての自民党が見せた迫力ある姿(壮絶な権力闘争)はない。石破氏が総理になった場合、直ちにバラ色の未来が開けるとはモチロン思っていない。華やかなA外交を展開しているのと比べて、果たしてどうなのかと疑問符はつく。しかし、Aよりはマシだろう。選挙でも同じことが言えるが、理想的な政治家はこの世に存在しない。少しでも、自分の考えに近い、よりマシな候補者を選ぶしかないのだ。後がまを狙う3K(岸田、河野、小泉ジュニア)を尻目に、株を上げてるとされるS官房長官。誰がなっても今のA首相よりはマシかもしれない。野党との政権交代はまだ先の話のようだから、ポストAの争いを楽しく拝見しよう。オリンピックの金メダル争いよりも面白そうだ。あ、大事な人を忘れてた。I氏、つまり石破氏だ。とにかく、与党(せめて公明党だけでも)の中で「安倍政治は許さない!」の大合唱が起きれば、日本もまだまだ捨てたものではない(はかない夢か…)。

« あさ爺の徒然日記(1595)令和元年8月21日(水)京アニ事件のその後 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1597)令和元年9月7日(土)お別れの会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさ爺の徒然日記(1595)令和元年8月21日(水)京アニ事件のその後 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1597)令和元年9月7日(土)お別れの会 »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31