« あさ爺の徒然日記(1592)令和元年7月29日(月)大船渡高校の監督判断に疑問 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1594)令和元年8月13日(火)池袋事故のその後は? »

2019年8月 2日 (金)

あさ爺の徒然日記(1593)令和元年8月2日(金)近況報告

6月22日以降の近況報告を。長い梅雨とその後の猛暑で、家の中で静かに暮らす日々ではあったが、6月27日はガイドの下見で片瀬の龍口寺から鎌倉の小動神社、成就院、御霊神社を廻る。打ち上げは久しぶりに長谷の「三和楼」へ。30日は横浜上大岡での音楽会へ。ロシアのピアニストの演奏。7月2日は寒川神社参拝。5日は東京大田区の馬込文士村を会社のOB仲間9人と廻る。打ち上げは横浜駅東口の「北海道」。6日は慶応の七夕祭り花火大会を見物。やはり、近くで見る花火は迫力がある。7日は平塚の七夕祭りで雑踏の中を歩く。10日、初めて横浜市歴史博物館へ。企画展は太田道灌。常設展も見応えあり。夕方、会社OB仲間7人と中華街の「清香園」で暑気払い。11日はクラブの月例会に出席。久し振りにカラオケで下手な歌を4曲も。14日は平塚での千住真理子ヴァイオリンリサイタルへ。藤沢の片瀬山に兄博のアトリエがあり、よく家族で出かけていたと思い出話あり。次兄の作曲家千住明がゲスト。17日は初めて駒澤大学博物館へ。ランチは学食で。長谷川町子美術館へも足を延ばす。ここは2度目か?サザエさん一家は齢を取らないから羨ましい。21日には上野の都美術館と上野の森美術館へ。書道展と絵本展。孫ファミリーと。ランチは根岸の「笹乃雪」(豆腐料理)で。26日は銀座で国方房子画伯の個展へ。高校時代の級友。九段の昭和館へ初めて入り企画展見物。29日に漸く梅雨明け宣言が出る。昨年より1ヶ月遅れ。8月1日は初めて早稲田の歴史館と会津八一記念館へ。ランチはモチロン学食で。千住大橋の石洞美術館にも足を延ばした。規模は小さいが雰囲気は良かった。雨宿り中は伊集院静を7冊、他に川村元気、平野啓一郎を読んだ。直近40日間の近況報告でした。

« あさ爺の徒然日記(1592)令和元年7月29日(月)大船渡高校の監督判断に疑問 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1594)令和元年8月13日(火)池袋事故のその後は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさ爺の徒然日記(1592)令和元年7月29日(月)大船渡高校の監督判断に疑問 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1594)令和元年8月13日(火)池袋事故のその後は? »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31