« あさ爺の徒然日記(1596)令和元年8月28日(水)自民党の良識派 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1598) 9月29日(日)近況報告(8月~9月前半) »

2019年9月 7日 (土)

あさ爺の徒然日記(1597)令和元年9月7日(土)お別れの会

1週間前のことになるが、団地の集会所でささやかな「お別れの会」が催された。故人は8月のお盆帰省中に新東名高速道路での多重衝突事故で不慮の死を遂げられたTさん。喪主はご主人だが、自身も重傷を負われた。葬儀は事故のあった静岡県で、身内だけで慌ただしく営まれたそうだ。郷里は香川県だが、喪主も動けず親族が現地へ駆けつけ荼毘に付された。痛々しいご主人と遺された娘さんが気丈に応対されておられたが、なんともやりきれない想いにとらわれた。偶然のことだが、喪主はあさ爺の高校の12年後輩。つまり一回り年下となるが、それでも今年65歳になられた筈で、奥様はまだ50代の「若さ」であった。還暦を目前にして命を落とされたわけで、無念だったことだろう。団地のメンバーがお手伝いする手作りのお別れ会だったが、少し胸のつかえがとれたとの感想が、漏れ聞こえてきた。あさ爺もそんな感じを受けた。義理で大勢集まるような葬儀ではなく、葬儀はごく内輪で執り行い、後日少し落ち着いてから親しかった方向けのお別れ会を用意されたことに感動すら覚えた。最近は、喪中はがきでのお知らせや、或いはそれすらもなく、親しかった人たちは釈然としないこともあるものだが、このような小さなお別れの会なら遺族の負担も少なく、参列者も心からお別れができる。特に、故人に親交のあった人たちが多くいる場合は、このような地域のコミュニティーの場を借りるのもいいのではと思えた。故人は地元の有名ワインメーカーに20年も勤めておられたそうで、モチロン、職場の仲間も駆けつけて夏休み中の突然の別れと言う悲劇に、言葉もなく遺影に語りかけておられた。合掌

« あさ爺の徒然日記(1596)令和元年8月28日(水)自民党の良識派 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1598) 9月29日(日)近況報告(8月~9月前半) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさ爺の徒然日記(1596)令和元年8月28日(水)自民党の良識派 | トップページ | あさ爺の徒然日記(1598) 9月29日(日)近況報告(8月~9月前半) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31