ニュース

2018年6月25日 (月)

あさ爺の徒然日記(907) 6月23日(土) 沖縄慰霊の日

病気療養中の翁長知事が、渾身の力を振り絞って平和宣言を読み上げた。更に「平和の誓い」を朗読した中3少女の澄んだ瞳には感動した。今日は沖縄慰霊の日なのだ。朝、そのニュースに合わせて、冥福を祈ろうとおりんを鳴らして合掌したら、家族が変な反応をした。遺族でもないのに、ふざけていると思われたらしい。戦争の悲惨さを多少でもかじっている引揚者家族の一員である戦中生まれの爺さんと、内地で空襲にも遭わずに過ごした家族の一人で戦後生まれの婆さんの微妙なすれ違いだ。それでも婆さんも無関心ではない。原爆記念日や終戦記念日の黙祷は率先して合掌している。だから、心の内はわからないし、爺さんが誤解していることも多いのだろう。

あさ爺は終戦記念日と今日の沖縄慰霊の日は祝日にすべきだと以前から思っている。祝うべき日ではないが、その後の平和を尊ぶ日として。そうすれば祝日の少ない6月や8月の為にもいいと思うのだが。昨日は藤澤宿での宿場寄席に出かけて、ゲラゲラ笑った。これも平和な時代だからこそだ。日米両軍の兵士も含めて、沖縄県民20万の御霊に心からご冥福をお祈りします。今の平和の世をありがとう。合掌

2018年6月19日 (火)

あさ爺の徒然日記(900) 6月14日(木) ネット殺人

再び、残虐な事件が繰り返された。ネットでの呼びかけに応じた看護師殺害遺棄事件だ。数年以上前に愛知で起きた闇サイト事件を思い起こさせる。いずれも被害者は若い女性。闇サイト裁判では命乞いをする女性を、平然と殺害したことが明らかになっている。しかも、犯人同士はお互いに名前も素性も知らなかったとか。ネットの掲示板の呼びかけに応じたもので、以後、法改正が行われ不適切な書き込みは直ちに削除できるようになった。しかし、今回はカネ儲けの呼びかけで表面上は犯行を思わせるものではなかったらしい。要するに、イタチごっこなのだ。

今回の被害者は29歳の女性看護師。命を預かる崇高な医療従事者だけに痛ましい。難しい国家試験に合格して、病院勤務をしていた筈だ。こうしたごく普通の平穏な生活を営む一般人が毒牙にかかる。スポーツジムの駐車場で自分の車に乗り込もうとするところを3人以上の男達に襲われた。なんともやりきれない事件。モチロン、呼びかけた男が主犯だが、もうこれは共犯も何もない。死刑に値する事件。刑を重くしても犯罪抑止力は働かないのか?少なくとも、怨恨によるものではなく面識のない被害者の事件については重罪化を求めたい。理不尽な犯行の撲滅が求められる。

2018年6月13日 (水)

あさ爺の徒然日記(897) 6月10日(日) 新幹線車内での惨劇

梅雨らしい天気が続く。午後から横浜市港南区のひまわりの郷へ出かける。今日のコンサートはイタリアのフランチェスカ・デゴによるヴァイオリン・リサイタル。ピアノはフランチェスカ・レオナルディで共に女性アーティスト。舞台が華やぐ。

しかし、世間では大変なニュースが。東海道新幹線のぞみの車内で考えられない事件が起こったのだ。犯人は東京駅から乗車。新横浜駅から乗車して隣の席に座った20代の女性に、無言で切りかかったと云う。他に通路反対側の女性も襲われ、止めに入った男性が滅多切りにされて命を落とした。38歳のサラリーマンで出張帰りの悲劇。こんな事件は防ぎようがない。高速の密室内だけに逃げ場も限られる。考えられるのは全列車に警官か警備員を乗せて、巡回させるのが関の山ではないか?昔の鉄道公安官はそれなりに抑止力があったが、民営化後に姿を消した。鉄道警察隊に衣替えしたが、駅構内での警備が主だ。専門の民間鉄道警備会社を立ち上げるしかないだろう。手荷物検査は困難だし・・・。

2018年6月 9日 (土)

あさ爺の徒然日記(896) 6月9日(土) 内憂外患の首相

昨日は午後から関内のケンパクを覗いてきた。神奈川県立歴史博物館のことだ。所蔵品の選りすぐりを再展示して、若手の学芸員が見どころをアピールすると云う、悪く云えば手を抜いた安上がりの企画だが、それなりに努力のあとは見える。

ところで安倍首相がトランプと会談し、その足でG7のカナダに向かった。G7首脳の集合写真が夕刊に出ている。悔しいが我らが宰相は、様になっている。背丈でも負けていない。長身のトランプさんとカナダの首相には負けるが、他の首脳とは同じくらいだ。昔、竹下さんなんかが一人おチビさんで、なんだか我々までが恥ずかしい思いをした。中曽根さんも格好良かった。ま、問題は背丈ではなく中身だ。米朝会談で心ここにあらずのトラさんだけでなく、アベちゃんもなんだか焦り気味だ。いつのまにか最大限の圧力が消えて、日朝首脳会談がしたいと言い出した。もう、北の刈り上げ坊ちゃんからは足元を見られ、これ見よがしの挑発が続いている。内にモリかけ、外ではカヤの外。果たして拉致を解決し、歴史に名を残せるかどうか・・・。悲願の憲法「改正」実現までは、辞めるわけにはいかないのだ。仮にワタシや妻が関係していてもだ。

あさ爺の徒然日記(893) 6月6日(水) 事件捜査の行方

ベトナム女児誘拐殺害事件。警察では黙秘を貫き、裁判では全面否定を始めた。例の保護者会の会長だ。DNA鑑定すら真っ向から否定。線路に遺棄した新潟の事件も、今後の捜査はどうなるのか?和歌山では紀州のドン・フアンと呼ばれた資産家が謎の死を遂げたそうだ。あさ爺は世情に疎くて、このドンさんを知らなかったけど、どうやら有名な人らしい。この事件は自殺、事故、他殺説入り混じって今後の展開は不透明。そう云えば和歌山では毒入りカレー事件でも状況証拠で死刑が確定しているが、決定的な物証はなかったのではないか?

疑わしきは罰せずの近代の法則が揺らいでいる。いまだに確定事件の冤罪が絶えないのはどうしてなのだろう?テレビ報道を見ているとみんな犯人に間違いないと「錯覚」するが、そうではないこともあるのか?確かにメディアには無責任報道も見られるし、事実のしっかりした解明が求められる。テレビ桟敷の我々も無責任かもしれない。事件の被害者に加えて冤罪被害者も生んではならないが、平気で犯行を犯す性格異常者や反省の言葉すら知らない鉄面皮犯人もいるだろう。これは人間の良心の戦いだ。

2018年6月 4日 (月)

あさ爺の徒然日記(889) 6月1日(金) 90歳女性の運転事故

お隣の茅ヶ崎で90歳の女性が運転する車が、赤信号を無視して通行人ら4人を死傷させたとの「全国ニュース」。大概の交通事故は新聞にも載らないご時世だが、これは恐らく全国ニュースだろう。通行人がまだ渡り始めていなかったので、通過できると思い赤信号で突入したらしい。黄色で突入するのはよくあることだが、これもモチロン違反だ。今年の免許更新でも特に問題なかったと云うから、これまでは優良ドライバーだったに違いない。自分でも自信があった筈だ。

実は高齢者のこの過信が要注意らしい。あさ爺は75歳で無事故無違反?の実績を積み重ねているが、今は運転に慎重になってきている。ところが80歳を過ぎたドライバーは何故か自信満々だと云う。過疎地はモチロンだが、都市部でも交通機関の不便な地域は多い。その辺りを同時に解決してゆかないとなかなか免許自主返納は進まない。あさ爺の住んでる地域はバス路線も充実、JRや私鉄もバスを組み合わせれば、日常生活に殆ど支障はない。それでも返納には慎重になってしまう。どうしたものかと考えさせられる「事件」だった。

2018年5月17日 (木)

あさ爺の徒然日記(875) 5月14日(月) 元気のない百合子さん

東京都知事の小池百合子さん。ひと頃は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、すっかり影を潜めた。モチロン、都知事としての職務は果たしておられるだろう。しかし、彼女を支持した多くの都民が望んでいるのは、そんな彼女ではあるまい。今の知事なら誰にでも務まりそうだ。百合子さんしかできないかつてのパワー溢れる姿を今一度見てみたいものだ。それにしても政界一寸先は闇とはよく言ったものだ。希望の党を立ち上げて、創立メンバーで拳を振り上げたまではまだ良かった。それが排除宣言を境に潮目が変わり、衆院選で惨敗。盟友と云うより側近でもあった元高検検事さんはあえなく落選。彼が立ち上げた塾も泥まみれで解散に追い込まれた。

それだけにシンゾーさんのずぶとさはノーベル賞ものだ。早く彼の在任中に、「日本国憲法第9条と日本国民(授与式には代表して総理が参列)」にノーベル平和賞を渡して欲しい。お二人とも東京オリンピック・パラリンクのひな壇に揃ってお座りになりたいのだろう。ニッポンの暗黒時代はまだまだ続く。

2018年5月14日 (月)

あさ爺の徒然日記(872) 5月11日(金) 新潟女児殺害事件

ブログでもよく取り上げさせていただいてる紫雲丸事件。あさ爺の故郷高松の沖合の瀬戸内海で起きた国鉄宇高連絡船沈没事故だ。今日はその事故から63年目の日。この事故で150余名が死亡。大半が修学旅行中の小中学生(4校)と云う悲惨な事件だった。何せ子どもたちを事件や事故で失う悲しみは筆舌に尽くし難い。ましてや今度の新潟で起きた小2女児殺害遺棄事件は悲憤やるかたない。手にかけただけでなく電車に轢かせて、証拠を消そうとした行為は殺人鬼としか言いようがない。池田小学校事件、栃木と茨城にまたがった事件、見守り隊の保護者会長によるベトナム女児事件等、無抵抗の児童を襲う犯人の心理が恐ろしい。事件防止と犯人検挙の観点から、とにかく防犯カメラの大量設置が急務だろう。更に犯行抑制の見地から法改正して、この種の事件に関しては極刑が望ましいと考える。サカキバラ事件も例外なしだ。被害者が一人とか容疑者(被告)が未成年とかを考慮すべきではない。精神異常で無罪なんて間違ってもすべきではない。人権派弁護士の反対を押し切ってもだ。あさ爺は怒っている。

2018年5月12日 (土)

あさ爺の徒然日記(871) 5月10日(木) のらりくらりのヤナセさん

EFGの月例会に出席。新年度を迎えて新たに入る人はいないが、退会される方が何人か出て淋しい。お昼頃に雷雨が降った。天候が不安定だ。天気だけでなく政権もほころびが目立ってきて不安定な様相に。その傷口の一つが首相案件事件。総理秘書官ともなると、一国の首相を支えるのだから、それはもう頭脳明晰な人物しかお呼びがかからないポジションだろう。その方が記憶喪失に陥っておられる。気の毒なことだ。陳情も多かろう。交わす名刺も一日に百枚は軽く超える。いちいち田舎の自治体の陳情団のことなんぞ覚えられないようだ。忘れたと云うよりハナから記憶していないのではあるまいか。

 

ま、ホントは会ったこともよ~く覚えていて、これは首相案件なるぞと叱咤激励したのは、国民の誰もがわかっていることだ。だが、それをバカ正直に認めたら政権はひっくり返る。野党もわかってるが、シンゾーさんが今倒れると何かと不都合なのだろう。攻め甲斐があるし、外交は面倒だ。好きで動き回る人にまかせておくのも悪くはないなと。

2018年5月 7日 (月)

あさ爺の徒然日記(868) 5月7日(月) 野党の離合集散

ゴールデンウイーク終了と共に、天気の方が崩れ始めた。行楽客にとっては予定変更を強いられることもなく良かったわけだ。この期間中は政界も休みのようで、相変わらず外遊が多い。だが、野党、特に民進党と希望の合併で「国民党」が出来ると聞いた時には、我が耳を疑った。中国の国民党、今は台湾に移った旧国民政府の党と似た名前だからだ。これで自由民主、立憲民主、社会民主に次いで、4番目の民主党「国民民主党」が誕生する。民主主義全盛時代を迎えたと云ってよい。どの民主が、一番良い政党か?テレビのクイズ番組に出題すると面白い。

先日にも、故あって共産党が余り好きじゃないと「告白」した。昔の武力闘争時代に受けた印象がトラウマになったわけだが、この党は穏健主義になってからはブレてはいない。吐く意見も正論が多い。現実とはかけ離れてはいるが、一定の抑止力にはなっている。同時に政権を取る可能性はゼロに近いから、常にケンカもできる。その点、旧民主党は足の引っ張り合い、呉越同舟、ハトカン時代の失政がたたって、まだまだ混迷は続くのだろう。壊し屋こと小沢一郎の剛腕が懐かしい。破壊するだけでなく、烏合の衆をまとめる力にも長けていた男だ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30