日記・コラム・つぶやき

2018年9月22日 (土)

あさ爺の徒然日記(965) 9月22日(土) 一強多弱

自民党総裁選挙は何の波乱もなく、シンゾーさんが選ばれた。札束が乱れ飛んだかつての総裁選挙にも呆れたが、今度はカネで封じるのではなく、陰険な圧力で抑え込む。小泉シンジローにも失望だ。自民党をぶっ壊すと息巻いたオヤジさんの方が男らしかった。政界に負けじと角界も一強多弱の世界。病み上がりの高齢横綱ハクホーが断トツの独走。若い者が歯が立たないとはどう云うことなんだろう。まだそれでも今場所は横綱大関が千秋楽まで全員皆勤しそうな状況で、これは何年ぶりかの快挙だ。しかも星の差はあるが優勝争いに食い込んでいるのは立派。哀れなのは関脇以下の三役と前頭上位。人気力士のエンドーとイキオイに精彩がない。政治も相撲も独裁者は御免だ。古くは梅常陸、栃若、柏鵬としのぎを削ってこそ人気は沸騰する。ましてや政治の独裁は危険以外の何物でもない。そのシンゾーさんは64歳。あさ爺と一回りも年少だったとは。恐れ入りました。

2018年8月 5日 (日)

あさ爺の徒然日記(945) 8月4日(土) メディアの及び腰

日大のアメフト騒ぎが一段落したら、今度はボクシング連盟である。民放のチャンネルを回しても(イヤ、今はリモコンだが)どこもかしこもボクシング。てっきりお顔を拝見して、会長さんはヤクザの親分かと思ったら、単にお付き合いしてるだけの清廉潔白なお方でした。しかし、あさ爺は自民党のM議員の美しいお顔を見たいのに、どこもやらない。ナゼでしょうね?怖い顔よりも、アベちゃんが贔屓にしている女性に興味があるが、どこの放送局も取り上げない。せめてNHKがとも思うが、いくら会長が代わっても相変わらず、及び腰なのか?

2018年8月 1日 (水)

あさ爺の徒然日記(943) 8月1日(水) 考え方は様々

政権与党の女性議員が、LGBTの人たちを批判したとかでバッシングを受けている。ハテ?聞いたことのない議員だと思ったら、案の定、複数の政党を渡り歩いて比例で議員になったとか。又、その「非常識」な彼女をかばった大物議員とは自民党のN幹事長だったらしい。ただ、メディアが魔女狩りのようにバッシングするのにも違和感がある。そんな考えの持ち主は議員であってはならないとの論法。弁護する気はサラサラないが、議員がすべて健全な考え方の持ち主でないことは皆さん先刻ご承知のこと。雑誌かネットで発表したから面倒なことになった。国会議員の影響力を勉強できていない未熟さが招いた「失言」。数少ない女性議員が、また、イジメを受けているようにも見える。

2018年7月27日 (金)

あさ爺の徒然日記(938) 7月27日(金) 夏休みの記憶

小1の孫が「国内留学」で我が家に滞在中だ。息子一家の孫たちは大阪へ、娘の孫の一人は我が家で預かっている。このH君は元気一杯だ。せっかくの夏休み、何か想い出を残せるようにせねばといろいろ考えを巡らす。工作の作品展を見せにギャラリーへ、浮世絵館ですごろくゲームをしたり、近くの公園や母親の通った小学校の運動場で遊ばせたりと、彼の絵日記は楽しい絵が並んでいる。そして今日は、小田急電車に乗せて、新江ノ島水族館へ出かけた。夏休みでちびっ子を連れた若い家族連れで賑やかだ。数年前は怖がって泣き叫んだ彼も、今日は元気いっぱいに水槽を覗き込む。イルカのショーにもご満悦。想い出が又、一つ増えた。

あさ爺の徒然日記(936) 7月25日(水) 猛暑も一息

史上最高気温41.1度を熊谷で記録したこの猛暑。今日は少し暑さが和らいだ。但し、関東南部の限られた地域での話。以前は山形が日本最高気温を記録した土地として記憶されていた。その時も40度を超えている。館林、熊谷、多治見、四万十としのぎを削る中で、今年大奮闘したのが京都だった。38度を超える猛暑が1週間以上も続いた。夏暑く、冬寒いのが京都の季節を表わす代名詞だったが、その京都も炎熱地獄。更に豪雨で鴨川や保津川が氾濫寸前の危機にさらされた。イヤハヤ、暑さのトップ争いをやってる場合ではないようだ。今日は滞在中の孫を、浮世絵館に連れて行った。東海道中の双六を買って貰ってご機嫌だ。

あさ爺の徒然日記(935) 7月24日(火) 考え方の溝

高校同期の友が急逝した話。I君は人なっこい性格で、高校時代はそれほど目立った存在ではなかったが、還暦を過ぎた同期生の間で存在感を示した。皆がそれぞれに老後の生きがいを見失いがちになっている時に、山に誘ったり、ハイキングを呼びかけたりして、アウトドアの楽しさを広めてくれた。その彼の予期せぬ急逝で、折角、出来上がったグループが空中分解しょうとしている。リーダーシップをとる者が忽然と姿を消した。皆、茫然自失の態なのだ。会社組織ではないので、後継者を誰にと言う話にはなかなか進まないようだ。それだけにI君の存在がいかに大きく、我々が甘えていたか。趣味のサークルも、難しいところがある。

あさ爺の徒然日記(934) 7月23日(月) 老いの暑気払い

会社のOBグループの暑気払いに顔を出す。年に4回、季節ごとに散策を楽しんだ後に、飲み会を行う。しかし、夏場は飲み会だけで「お茶」を濁す。顔を合わせた途端に、今年の暑さに愚痴がこぼれる。殆どが70歳を超え、傘寿を迎えた先輩もおられる。話題も誰それが死んだとか、イヤ、もう先がないなどと。ま、こんな話は実はあまりしないのだ。政治の話も微妙で避ける。無難な話題は、やはり今どきの事件ニュース。大口病院や相模原事件のてん末に話が及ぶ。また、西日本豪雨には、みな深刻な表情となった。殆どが関西の出身、とりわけ広島や四国のメンバーが多い。とりわけ、幼い犠牲者には胸を痛める。

2018年6月25日 (月)

あさ爺の徒然日記(906) 6月22日(金) 匿名社会

週明けの通勤時間帯を襲った大阪地震。この時、シマウマが逃げ出したとか、在日を揶揄するネットが飛び交ったと云う。ラインとかツイッターなどをやらないので、自分で確認できたわけではない。掲示板など、そのやり方も知らないあさ爺だ。被害者にも加害者にもなれないネット時代の落ちこぼれ。フェイスブックはお友達登録したら、いろんなものが飛び込んでくるが、役に立ったものは皆無。ほとんどはくだらないものばかり。だから、見る前から邪魔になるので削除している。フェイクニュースも闇サイト殺人も、座間のおぞましい事件も、匿名が生んだネットの負の部分だろう。

かく云うこのブログも匿名だが、自分でも無責任だと反省することも多い。やっぱり小林麻央さんのように、実名でこそ共感されるのではないか?ネットに限らず、ラジオやテレビも匿名が当たり前の社会。NHKまでがキラキラネームの投稿者を受け付けている。なぜ、名前を隠したがるのかも不思議だ。責任ある社会を実現するためにも、無制限な匿名には網をかぶせるべきと思うが、いかが?公共の電波を利用するのに、遊び半分なふざけたネームには違和感を禁じ得ない。ますます、時代遅れの落ちこぼれになるか・・・。

2018年6月22日 (金)

あさ爺の徒然日記(904) 6月18日(月) 市議会を傍聴

今日はガイド仲間のSさんのお誘いで、生まれて初めて市議会を傍聴した。議会の傍聴とか裁判の傍聴も、今までほとんど関心がなかった。この齢になるまで一度も経験がないことを、今になって体験したわけだ。議場も新市庁舎の中の議場なので、設備も整っていて興味深く拝見。冒頭の質問者がSさんのご子息で、このような縁でもない限り、なかなか議場まで足を運ぶ気は起こらない。野次も飛ばず、皆さん、随分と紳士的なやり取り。テレビで見る国会とはかなり印象が違った。

ナニセ、総理自らがヤジを飛ばす日の本の国会だ。マネをする必要はサラサラないが、それでも筋書き通りのやり取りも迫力がない。ま、今日のS議員の質問内容は、賛否が分かれるような案件ではなかった。中には紛糾することもあるんだろう。その国会は会期が延長されることになった。野党が求めて与党が反対していた筈だ。でも野党の意見を汲んだのではなく、参院自民党の要求を、総理が渋々認めたらしい。国民の為ではサラサラなく、党利党略の為(具体的には安倍三選の為)でございます。何でも出来る自民党。サスガである。

2018年6月20日 (水)

あさ爺の徒然日記(903) 6月17日(日) あじさい祭りに思う

あさ爺の住む近くで、あじさい祭りが行われた。梅雨時のシンボルフラワーが紫陽花だ。恐らく全国各地で、様々なアジサイ祭りが大小取り混ぜて開かれている筈だ。神奈川県では箱根も有名だし、鎌倉も混雑している。今年は桜だけでなく、アジサイも早かった。ただ、長持ちする花なので、長く楽しめている。藤沢市遠藤の小出川あじさい祭りも、もうダメかと思ったが、今日のイベントまで持ちこたえて、ささやかながらいろんなブースも出ている。

このような地域共同体が行うイベントには露店のお兄さん、お姉さんはお呼びではない。寅さんのような人たちは、神社のお祭りやお寺の行事が相場。今日のような会場では、福祉団体が中心となる。だからでもないが、お値段も手頃というよりかなり安いので、つい買ってしまう。ここでも少子高齢化は深刻だ。祭り太鼓は子どもが主役だが、人数が少ない。ブースを冷かしているのもあさ爺のような年寄りばかりだ。昔のように子どもたちが飴や綿菓子に群がる光景がなつかしい。戦後、これらの子どもたちが団塊の世代を象徴していた。紫陽花の花弁のように、様々な色とりどりの子どもたちが群れ遊ぶ世界に戻すことは出来ないものか?

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30