経済・政治・国際

2017年7月16日 (日)

あさ爺の徒然日記(600) 7月15日(土) 法務大臣の役割

2日間、死刑について愚見を述べた。世界の趨勢は死刑廃止に向かっているが、日本の世論はまだ圧倒的に制度維持を肯定している。また、被害者遺族も、裁判の始まる前から死刑を望んでいるケースが多い。何故だろうか?

あさ爺も死刑制度は「当然」と考えている。逆に、日本人で廃止論を唱えている有識者の神経を疑っている。人権活動家に多いが納得できない。それはそれとして、執行命令を下すのは法務大臣である。法律を作るのは国会であり、法に基づいてそれらを執行するのは行政であり、司法官である。

大臣が細かいことをやるわけではない。但し、死刑執行だけは法相がハンコを押さない限り、執行されることはない。過去の法相で、ハンコを押さなかった(押せなかった?)大臣が何人か見られる。大半は任期が短すぎて、その機会を逸した人たちである。しかし、己の意思で命令しなかった人も多い。旧民主党政権に見られる。

それは法相に就任したことと矛盾し、不作為を非難されてしかるべき大臣たちであろう。逆に鳩山邦夫元法相のように僅か1年で、歴代最高の13人の執行に踏み切った人も。自分の信念もあろうが、法相として真面目に務めを果たしたと云えるのではないか。民主党政権はいろんな意味で、失敗を重ねた負の遺産を抱えていることがわかる。

2017年7月 9日 (日)

あさ爺の徒然日記(595) 7月8日(土) 都議選の波紋

都議選の最終日、安倍首相が秋葉原で絶叫したのが、先週の土曜日だった。安倍辞めろコールに逆切れした、例の街頭演説である。その場に居合わせていなかった人たちまでに、報道によって広く映像が拡散されてしまった。

それまでは自民の獲得予想は35~41議席程度と思われていたらしいが、あれがダメ押しとなって急落し、誰もが予想できなかった23議席に落ち込んだ。公明党と同じ数をかろうじて確保し、共産党に抜かれずに済んだというのは絶妙な位置だったと云える。

それにしても、総理(総裁)自らが蒔いた種でバタバタと戦死者が出たわけだ。これがホントの戦争だったら、最高指揮官の軽率な命令で、死者は犬死となり浮かばれないところだった。防衛大臣の失言が前座だとすれば、下村都連会長の加計献金がトリを務め、そして安倍ちゃんによるオオトリ大失態。初戦の逆風が終盤には暴風となったと云うことだ。

小池百合子代表も想定外のファースト大勝利。彼女も戸惑っているのが表情でうかがえる。今後は国政分野での政局から目が離せない。

2017年7月 4日 (火)

あさ爺の徒然日記(590) 7月2日(日) 都民ファースト圧勝

今日は自治会の草むしり。しかし、カミさんの助言に従って自重し、あさ爺は不参加。しかし、外から皆さんの和気あいあいとした楽しそうな声が聞こえてきて、却って落ち込んでしまった。炎天下でもないので、出ても大丈夫ではなかったかと後悔する。

しかし、夕方になって断捨離で部屋の片づけをした後、急に具合が悪くなって30分ほど安静。屋内でこの始末だから、やはり草むしりは無理だったかと・・・。どうも薬の副作用もあるのだろう。血の気が引いたり、ふらつきが起こったり、動悸が激しく続いたりする。

ところで、都議選は予想通り小池百合子都知事の都民ファーストが圧勝した。都民が40議席を確保した時点で、自民はまだゼロの状態。カミさんの予想は都民は無理では?との予想だった。あさ爺は小池フアン。投票できないのが悔しいくらい。今度の選挙が安倍一強衰退への潮目に変わればいいが・・・。

有権者の批判票は受け皿さえあれば、ドッと票は流れることが改めて証明された。

2017年5月 8日 (月)

あさ爺の徒然日記(562) 5月8日(月) フランス大統領選

今朝4時半にテレビのニュースを見る。果たして、フランスの大統領選でマクロン氏が勝利をおさめた。フランスの大統領選挙に、これほどの注目が集まったのは記憶にない。マクロン候補と比較するのは失礼だが、かつてドゴールが勝利をおさめた熱気を思い出した。

しかし、今回はEU絡みでの注目。トランプはイヤだが、クリントンも嫌いと云った、アメリカ国民の意識が今回も重なって見えた。マクロンとルペンのどちらがマシか?と云った選択選挙。それにしても、EUの理念は崩壊しつつあるのではないか?

時代が変われば、国際情勢は大きく変貌する。あのソ連が崩壊するとは思わなかったし、かつて植民地で埋め尽くされていたアフリカが、独立後にこれほど大混乱することも予測できなかった。今の時代、先行きを見通すことがホントに難しい気がする。後世、歴史を振り返ってみてはじめて、流れが説明できるカオスの時代に入ったようだ。

敵味方が入り組んだシリア情勢も読めない。日本の中世の応仁の乱みたいだ。中国も北朝鮮もよくワカラナイ国だ。共通しているのは、共に共産主義(社会主義?)国で核保有国。モチロン、一党独裁国家だが、特に中国は訳が分からない。毛沢東以降の権力争いがまだ続いているように見える。中国が義勇軍を組織して、マッカーサー国連軍と戦った朝鮮戦争はまだ終結してない。あくまでも休戦状態。

アメリカにトランプが現れ、韓国の大統領は不在。今の時期に北が本当に戦争を起こすかもしれないと思う。北にすれば核の放棄は絶対に譲れない筈だ。日本も追い詰められて、「やむなく?」真珠湾を攻撃した。今の北朝鮮・金王朝を、当時の日本の軍部(特に陸軍参謀本部)と同一視するのは間違っているだろうか?

2017年1月 8日 (日)

あさ彦の爺(じじ)放談(60-1008) 1月8日(日) おんな城主百合子

小池百合子都知事の政治塾がいよいよ始動するそうだ。カミさんは、もうそろそろダメになるんじゃない?と冷ややかな見方をしているが・・・。確かに大阪城のアルジだった橋本某氏の消息はよくわからないし、かつての熊本城の殿様から日本国の将軍にもなった細川某氏が立ち上げた新党もどこかへ消えた。

その前には小田原城の城主でもあった河野某氏は、新党のブームが去るや諦めて古巣へ戻り、首相にはなれなかったが総裁を務め、衆議院議長まで上り詰めた。退役将軍は、それなりに功成り名を遂げた。橋本某氏も今は行方不明だが、浪速での成功を糧に東下りをする気だろう。

小池氏は現役である。過去の他人さまの成功例を見ていると、それ以上にしたたかな彼女が簡単に負けるとは思えない。敵と戦うことに喜びすら感じている様子。内田ドンから五輪ドンの森乱丸?へ、近い将来はシンゾー氏へ矛先を向けるに違いない。

メディアも面白がっている風だ。テレビを熟知している彼女は、情報公開を大義名分に常にカメラ目線である。都議選が終わるまでは、お酒も飲まないわよと、これも次に飲むときは祝杯と決めているようだ。

今日は、今年初めての冷たい雨となった。皆さん、正月疲れが出てるでしょう?お休みしなさいな・・・と。確かに、この三連休でまた海外へ、と云う元気な方は少ないだろう。

初場所も始まるし、大河ドラマ「おんな城主直虎」も始まる。稀勢さんは綱を締めるのが怖いようだし、堺雅人の出ない大河に余り興味はない。直虎さんと云う人も知らなかったし・・・。まして、イヤ実は男だったとかナントか巷が騒がしい。

後世、「東京城のおんな城主百合子」は、実はオトコであったなんて話が伝わるかもしれない。トーキョーもオリンピックも、当時、憲法改変を目指していた強力内閣もめちゃくちゃに潰してしまった豪傑として・・・。500年後ともなれば、決して考えられないことではない。

2016年12月22日 (木)

あさ彦の爺(じじ)放談(58-994) 12月14日(水) 与党の姿

与党と云えば自民党である。過去に自民党が野に下ったことはあるが、自民党員は野党にいると云う「自覚」がなかった筈である。公明党はどうか?これは単に自民にくっついていたいだけ。かつては平和を愛する政党だったが、自民に引きずられて戦争に加担する恐れのある政党に変身してしまった。

与党入りを切望している維新は?この政党ほど不気味な存在はない。何を考えているのか、それとも長期ビジョンのない集団なのか?評価が定まらない。大阪都構想が挫折したと思ったら、今度は「夢よ、もう一度」で大阪万博の誘致をぶちあげた。あの時代とは全く異なる今の時期に、時代錯誤か、それとも優れた政策なのか?気持ちの悪い話である。

そうそう、カジノに最も熱心な政党でもあるらしい。真相は万博にしてもカジノにしても、大阪湾に埋め立てが進行している新しい土地の使い道が見当たらない為とか。それほど土地が余ってるなら、オスプレイの基地にすれば沖縄の負担軽減にもなると思うのだが。以前、橋本知事か、市長だったか、コロコロ肩書の変わる人だったから忘れてしまったが、普天間基地の代わりを大阪が引き受けても良いと手をあげたことがあった。今思えば、とても立派なお方だった。

もう一度話を自民党に戻す。戦後70年余、少なくとも対外戦争に加担せず、日本の平和をほとんど自分たちの党だけで守り抜いたことは確かだ。アメリカの傘の下とは云うけれど、戦争に負けてしまった以上文句は言えないし、逆に勝ったアメリカの方が日本を守るのに苦労している。

あさ彦は自民党のシンパでもなんでもない。しかし、実績は認めざるを得ない。それも前の首相までは・・・。55年体制と云われた自民・社会の時代が共に勝ち負けの心配もなく、平和共存していたのだろう。かつての自民には活力が漲っていた。左右両派の絶妙なバランスが、保守型社会主義と云われる、戦後の日本社会を築き上げた。

世界の潮流も変わってしまったとは云え、あれも古き良き時代だったのか。平和な江戸時代が外圧により崩されたように、戦後の平和ニッポンも外圧と内なる自壊作用によって崩れようとしている。昭和は遠くなりにけりである。

2016年7月15日 (金)

あさ彦の爺(じじ)放談(56) 7月11日(月) 改憲が視野に

参院選の即日開票を見てて、無党派層や政治無関心層が漂流しているのではないかと思った。開票結果は大方の予想通りであったし、投票率も54%前後と伝えられ、あさ彦もこんなものかいなと思う次第。

有権者には90歳以上の超高齢者や認知症、寝たきり、不治の病で入院生活を送っている人たちも、押しなべて選挙人名簿に登録されている限りにおいては「有権者」である。常識的に考えても清き一票を投じる環境にはおられない。有無を言わさず棄権を強いられている。

だから、投票率が80%を超えるなんて考えられないではないか?英国の国民投票のように70%超であれば、わが国ではほぼ全員に近い人たちが投票したと言えるだろう。70%-54%=16%、この人たちは意識的に「棄権」したものと思われる。もうすぐ我々のニッポンが「危険」な状況に陥るかもしれないのに、敢えて棄権の道を選んだのはどうしてだろう。

この確信犯的棄権者は、政治に強い不信感を持っているか、小さな1票ではどうすることもできないと諦めてるか、いずれにしても彼ら、彼女らは漂流しているとあさ彦は考える。日本海か太平洋か、あるいは東シナ海か・・・。この大量票は意思表示される機会も与えられずに闇に消えた。魚のエサにもならない。

安倍首相は大した人物である。彼の笑顔がテレビ画面いっぱいに大写しになっている。3分の2を超えたのであるから、笑いは止まらない。それにしても旧民主党は大きな負の遺産をしょい込んでいる。政治の混乱を嫌い、とにかく安定してくれればとの「切なる願い」が消去法で与党に票が流れ、或いは棄権と云う行動になるんだろうなと思う。

憲法改正は時間の問題になってきた。ことここに至れば、土俵に上がらねば相撲にはならない。今、戦争か平和かへの道を左右できるのは9条に慎重な平和の党「公明党」。この党の今後の動きにかかってきていると云って過言ではない。

2016年7月 3日 (日)

あさ彦の爺(じじ)放談(55) 7月1日(金) 英国はどこへ?

英国の国民投票の結果が世界を震撼させると予想したあさ彦の思惑と違って、まず混乱を始めたのは英国自身であった。にらんだ通り大衆迎合主義の大波を受けて、軽はずみな投票行動が多かったことを物語っているようだ。EUに対する不満と政府に対する抗議の意味で批判票を投じたつもりが、結果的に取り返しのつかない結果を生んだことになる。

古い話で恐縮だが、昔、長野県塩尻市(だったと思う)の市長選挙で共産党候補が、現職(与野党相乗り?)を破って市長になった「事件」があった。モチロン、共産党員の市長としては全国で初めての「快挙」。大いに慌てたのが、共産党候補に票を投じた市民だった。批判票のつもりが市政をひっくり返ってしまったのである。これは一地方自治体の出来事だったが、批判票の怖さを如実に示す事例であった。

イギリスでは国民投票のやり直しを求める請願が殺到していると云う。これもおかしな話で、過ぎたるは及ばざるが如し、覆水盆に返らずで英国民はEUとは別の道を歩まざるを得まい。

国民投票の怖さを、日本国民は胸に刻むことが出来たであろうか?参院選と近く公示される予定の都知事選。日本も暑い選挙の季節。英国の国民投票は投票率が70%を超えてるにもかかわらず、低投票率が問題となっていると云われている。

かたや、我らがニッポンは50%前後で推移している。民主主義の本家をもはるかに下回る「民主主義未成熟」な我が国が、イギリスを笑える立場でもなければ、ましてや民主主義とは無縁の一党独裁の東アジアの大国を笑うことも、正式な国名が某「民主主義」人民共和国を名乗る厄介な隣国すらも笑えない昨今のニッポン国である。

とにかく、まず投票行動を起すことである。あさ彦は投じる票はブレまくってアチコチの政党を渡り歩いたが(政党自身もめまぐるしく変遷していた・・・)、唯一の自慢は棄権した記憶が殆どないことである。住所を実家から移していない大学生も、不在者投票の道があるようなので、「清き」一票を無駄にしないで欲しいと願っている。

2016年6月26日 (日)

あさ彦の爺(じじ)放談(54) 6月24日(金) 大衆迎合主義

イギリスがEUを離脱するニュースが世界を駆け巡った。いや、国民投票の結果が出たばかりだから、世界を震撼させるのはこれからなんだろう。あさ彦もキャメロンさんとおんなじで離脱派が勝つとは思っていなかった。

そもそも、イギリスがEUのことでこんな事態になっていることすら、あまり知らなかった。スコットランドと云い、北アイルランドと云い、大ブリテン連合王国は分裂の危機さえ、ささやかれているらしい。

あさ彦は残留派の女性議員が暗殺された事件が潮目になって、流れは一挙に残留派に傾いたと思った。キャメロン首相もそう思った筈であるし、女王陛下も国民に残留への支持を呼びかけていた。元々、賛否は拮抗していた。それが一挙に離脱に傾いたのは何故か?

あさ彦には、全員が真剣に考え抜き、悩んだ末の結果とはどうも思えない。大衆迎合主義の為せる業だと思う。無責任な投票行動も多かったと勘ぐる。あさ彦はどちらがいいのかよくわからないが、日雇いをしながら貯めた老後の蓄え(スズメの涙)の虎の子(スズメの子?)が、羽が生えて飛び去って行く悪い夢を見た。

大衆迎合主義は日本でもよくある話だ。政治家はそれで苦労もすれば、それを利用するトンデモナイ政治家もいる。古くは日露戦後のポーツマス条約で糾弾された小村寿太郎外相。最近は郵政選挙でメディアを駆使した小泉さん。あさ彦もあの時の熱気にうなされて、地元選挙区で古いタイプの保守系候補に票を投じた。後にも先にも、右派政党に投票したのはあの時だけ。小泉さんの地滑り的大勝利に加担した苦い思いと、深い後悔が記憶の底に今でも澱んでいる。

あれ以来、無責任な投票行動はすべきでないと反省した。小泉政治が日本を悪くしてしまったことは、火を見るより明らかではないか。雇用の非正規化導入をトップに、子どもの貧困、女性の地位低下と少子化等々。冷静に考えれば、彼の目的は大企業の為だけにあった。それを巧妙に郵政民営化と靖国参拝でカモフラージュして、有権者の目をごまかしメディアも盲目的に追随した。国民は彼にやんやの喝采を送った。

同じことがアベノミクスにも言える。政治家の劣化が叫ばれるが、劣化したのは有権者も同じ。あさ彦は安倍さんが任期中にやろうとしている憲法改正の国民投票で、彼は地滑り的大勝利を果たすのではと云う悪い予感にうなされている。小泉さんほどの人気はないが、政敵の石破さん(彼も超右派)はすっかりおとなしくなっているし、お友達閣僚や安倍チルドレンがSPさながらに彼を取り巻いている。裸の王様ならともかく、鎧兜に身を固めた無敵のソウリ大臣である。

18歳以上の新有権者たる青年たちが、よもや自分たちが銃をかつぐことになるとは、今はまだ思いついていない。あさ彦の見る今年の真夏の夜の夢(モチロン悪夢・・・)では、新徴兵令で招集された学生たち(女子も含めて)が雨の新国立競技場(ドームなら濡れないか・・・)を武装して更新する光景。貴賓席中央でマイクに向かって檄を飛ばしているのはモチロン、我らが英雄のアベさんであることは云うまでもない。

2016年6月19日 (日)

あさ彦の爺(じじ)放談(52) 6月15日(水) 舛添要一氏の脳内探検

都知事の舛添氏が辞職することとなった。いきさつはご承知の通りである。あさ彦が分からないのは、超優秀と言われる彼のアタマの中の仕組みである。

どうしてあんな平気なウソがつけるのか、なんとも思わずに平気で公私混同が出来るのはナゼか、あの一連の胡散臭い答弁でナントか収まると思えるのはナゼか・・・。不思議だらけである。

あさ彦もセコイ人間だが、それは下流老人だからである。理由がはっきりしている。舛添氏は下流ではない。生まれや育ちが貧乏だったからと云う説もある。ナルホド一理はある。セコイのはそれである程度納得できるが、わからないのはあのお粗末な答弁。

逃げ切れると思ったり、未練たっぷりにリオが終わるまで待ってよと臆面もなくのたまう厚かましさは鉄面皮である。きっと、例によって公費で夫人同伴するつもりだったのだろう。奥さんと約束してしまってたに違いない。だから粘ったとしか思えない。

東大助教授か国際政治学者のままの方が良かっただろうに、道が狂ってしまった。自らの明晰な頭脳でのし上がってきたと云う自負があったのか。人間、いったん湯水のように使える金(都民の血税だが)と権力を手中にすると、それを手放したくないと云う力学が人を狂わす典型例とみた。

しかし、メディアはもう舛添氏のことは忘れたかに見える。次の候補者を追いかけ始めた。日本人のみっともないところである。何を隠そう、あさ彦もその情けない日本人の一人。東京オリンピックを今さら返上もできないとしたら(ホンネでは返上して欲しい)、ここは思い切ってスポーツマンがいいのでは? 

ナデシコを引退したSさんや柔道のT夫人、スケート金メダリストのAさん等々、国際経験豊かな女性が目白押し。スローガンはオリンピック一本槍でよろしい。その代り、保育や福祉に強い大物の女性副知事を据えて、すべてを任せればいい。

しかし、こんな声がちっとも出てこないのは、あさ彦の脳内がおかしいのか?

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31