経済・政治・国際

2019年8月28日 (水)

あさ爺の徒然日記(1596)令和元年8月28日(水)自民党の良識派

京都府警が京アニ事件全犠牲者の氏名公表に踏み切った。遺族の了解は完全には得られていないようだが、犯罪史上空前の事件に対する全容解明と犠牲者への正当な鎮魂が深まるだろう。ただ、献花台が撤去されたのはどうしてだろう?事件を風化させず、献花に訪れる人たちが後を絶たないと云うのに…。話は変わるが今日の夕刊(毎日紙)に自民党石破氏が、日韓の現状は歴代の政権が戦争責任に真剣に向き合ってこなかったからと発言。早速党内からは、これで彼の総裁の目は無くなったと批判が噴出。願わくは、こうした良識派の声が押しつぶされないことを祈る。発言も自由だし、批判するも自由。それが即ち、言論の自由が保障されている証でもある。ただ、現状はA総理への忖度大合唱で、かつての自民党が見せた迫力ある姿(壮絶な権力闘争)はない。石破氏が総理になった場合、直ちにバラ色の未来が開けるとはモチロン思っていない。華やかなA外交を展開しているのと比べて、果たしてどうなのかと疑問符はつく。しかし、Aよりはマシだろう。選挙でも同じことが言えるが、理想的な政治家はこの世に存在しない。少しでも、自分の考えに近い、よりマシな候補者を選ぶしかないのだ。後がまを狙う3K(岸田、河野、小泉ジュニア)を尻目に、株を上げてるとされるS官房長官。誰がなっても今のA首相よりはマシかもしれない。野党との政権交代はまだ先の話のようだから、ポストAの争いを楽しく拝見しよう。オリンピックの金メダル争いよりも面白そうだ。あ、大事な人を忘れてた。I氏、つまり石破氏だ。とにかく、与党(せめて公明党だけでも)の中で「安倍政治は許さない!」の大合唱が起きれば、日本もまだまだ捨てたものではない(はかない夢か…)。

2019年7月25日 (木)

あさ爺の徒然日記(1591)令和元年7月25日(木)日韓関係は?

自民党OBで知名度の高いK井氏がテレビで韓国を無礼呼ばわりして批判していた。同じ党の現職のH澤氏も別の番組で吠えていた。いずれもテレビでよく見かける御仁だが、共に品性に欠けるきらいがある。テレビカメラの向こうにいる保守層を意識しての勇ましい発言だろう。偶然かも知れないが、お二人は共に警察官僚OBだ。癖が抜けきらないようだ。さて、その日韓の元の根っこは何だ?日本側は今回の輸出規制とは無関係としているが、例の徴用工問題が発端である。この件がなければ、唐突に輸出規制に踏み切るわけがない。ただ、外務省と経産省がどこまで事前に調整したかは不明。徴用工で政府が直ちに猛反発したのは、モチロン、日韓請求権協定で解決済みだからである。ただ、それ以上に日本有数の巨大企業の資産が抑えられそうになったからではないか?政府与党J党の支持母体である財界のことを心配したからであって、一般国民はカヤの外。つまり、日韓で紛争(戦争?)が勃発した場合、国民は財界とJ党の為に戦うことになる。韓国軍を甘く見ると危険だ。ロシアに対してさえ、警告射撃とは言え実弾360発を放った国である。舞台はWTOの場に持ち込まれた。1年後には「平和の祭典」オリパラが開かれる国としては、違和感が強い。河野太郎大臣も呼びつけた韓国大使の話を遮って、「無礼だ!」と猛抗議したのはカメラを意識したからではないか?ロシアも領空侵犯で日韓から抗議を受けて、目を白黒(白青?)させたのではないか。ま、2度目の東京五輪返上とならないようA総理には冷静に対処して貰わねば…。近衛さんのように文政権を相手とせず…などと啖呵を切らないことだ。外交担当総理の力量が試される。「日韓関係は既にコントロールされている」と世界にアピールを。

2019年7月 8日 (月)

あさ爺の徒然日記(1586)令和元年7月8日(月)監視カメラの効用

中国で監視カメラ網が都市部を中心に、隈なく張り巡らされているそうだ。日本では防犯カメラと呼ぶそうだが、実際は監視そのものである。国内での普及度はどの程度なのだろうか?昨年のハローウィンだったかで、渋谷のスクランブル交差点での自動車転覆騒動の犯人が、数名特定され検挙された事件があった。「犯人」を特定させるためには、顔だけでなく住まいや名前も調べなければならない。それをカメラの追跡捜査で追い詰めたのだ。日本も知らない内にそこまで整備されてきたと云うわけ。国内では個人の人権保護で一部に抵抗もあるようだが、やはり「防犯と容疑者検挙」の為には、どんどん増設してもいいのではないか?何もやましいことをしていなければ、びくつく必要はない。防犯面での効果はイマイチ怪しいが、犯人検挙には大いに役立つ。その中国、先般のNHKスペシャルで現代の「人民」が、今の監視社会をどう思っているかの特番があった。鎌倉千秋アナが達者な中国語を駆使して、相当突っ込んだ取材をしている。興味深かった。得られた「結論」は、大半の国民は現在の経済成長に満足して、政府を肯定し(支持とはチョッと違う)危うい話題は意識的に避けるとのこと。ちょうど我々が公私を問わずいろんな集まりの中で、政治や宗教の話を避けるのと似たような感覚か?ただ、あさ爺はブログでも飲み会でも平気で、自民党やA首相を批判したり揶揄して面白がってるが、中国で共産党や習主席を批判すれば直ちに監獄行きだ。「学習」の結果、更生できなければ非公開の裁判で処刑される。ここが大きな違いだ。道理で、中国人観光客も留学生も、帰国すれば日本で見たこと聞いたことを胸の中に封印してしまう。もう、それに慣れているようだ。

2019年6月28日 (金)

あさ爺の徒然日記(1580)令和元年6月28日(金)G20開幕とその後の問題

大阪でのG20が開幕した。その前に国会も閉会、同日選もなくなり、首相は心置きなくG20に専念できる。ご同慶の至りだ。安倍嫌いのあさ爺であるが、この外交の大舞台で仮に安倍ではなく他の人ならどうなのかを想像してみた。外務官僚がすべてをお膳立てしてくれるから、誰でもホスト役は務まるだろう。問題は他の各国首脳との関係だろうか?石破は?菅は?岸田は?また当面あり得ないだろうが枝野では?アベと比較すると役不足は否めない。国民の血税を湯水のように使って、全世界に政府専用機で飛び回った我らが宰相である。イランでは思い通りにならなかったみたいで、帰国してからもほとんど成果を語らなかったようだが…。憲法改定(改正ではない)、ロシアとの平和条約締結、拉致問題の解決…。この3点が彼の悲願だろう。この中で、あとの2点は相手国の牙城を崩せず、在任中の実現は絶望的。問題は憲法だが、野党は応じる姿勢を示していない。さすがに、野党を無視しての強行突破には踏み切れない。あさ爺は、自衛隊が今の状態でいる限りは、国民の幅広い支持は得られるとみている。しかし、憲法に自衛隊が明記されれば、途端に国民の多くは警戒心を強めるのでは?そのあたりの微妙な国民感情が、今の自民党の保守派には理解できない。世襲議員が多いことも、原因だろう。ごく普通の国民の中で育っていないからだ。同時にそれらを平気で当選させている多くの自民党支持者(公明党は加担している罪でもっと責任重大)は、まことに罪が大きいと考える。

2019年5月16日 (木)

あさ爺の徒然日記(1569) 令和元年5月16日(木) 戦争大好き議員

日本維新の会の国会議員が、由々しきと云うか無視できない発言をして騒ぎになっている。ビザなし交流で国後に渡った時の話のようだ。ロシア人の家庭でしこたまウオッカ(だろうと思う)を飲まされて泥酔した。それだけなら微笑ましいが、酔った状態で「戦争で島を取り返せ!」と云った。発覚してから当初は、酒の席での酔った発言として穏便に済ませようとした維新の松井代表も情けない。メディアの騒ぎが大きくなり始め慌てた。急いで除名処分し、幕引きを図ろうとしている。維新の右派体質はホンモノだ。藤沢市でも一人、維新の現職が先の統一選で再選されたばかり。でも下から4番目と、当落線上だった。もし、この騒ぎの後だったら、少なくとも千票は吹っ飛んだだろう。モチロン、当選は危うい。ところで、かの議員先生は党を除名されても、議員辞職はしないと頑張っておられる。言論の自由を盾にしているから、これは噴飯ものだ。酩酊状態とは言え、日頃の本音が出た筈。つまり確信犯。まさか、平和を愛する上皇陛下が第一線を退かれたから、タガが外れたのか?国会がこの厄介な戦争大好き議員を、どうするのかが見ものだ。あさ爺の予想では、近い将来自民党に迎えられると思う。考え方が今の首相に近い(一致?)からだ。所属する派閥は、モチロン二階派。無所属でウロウロしている迷える子羊を、片っ端から射止めている紀州の親分のことだ。見逃す筈がない。

2018年12月30日 (日)

あさ爺の徒然日記(981) 12月30日(日) 野党は自民を見習ったら…

平成最後の師走も残すところ後一日。故郷を目指す民族大移動に年末寒波が不安の種となっている。テレビなんかではいつもの今年一年の回顧に加えて、平成を振り返る番組も目立つ。災害が多く、象徴の在り方を模索されてこられた天皇皇后両陛下のこれまでの映像記録が放映されている。一方で政治の動きも伝えられているが、安倍長期政権の異常さが際立つ。戦後の吉田茂、佐藤栄作、小泉純一郎各首相とも肌合いが異なる。決して人気があるわけでもなく、優れた政治をしているわけでもない。しかし、与党内では権力を握り続け、選挙では圧勝を繰り返す。国民がバカなのか、野党がだらしないのか?あさ爺は野党に大きな責任があると思っている。そもそも小選挙区制は二大政党を想定していた。しかし、それを体現したかに見えた民主党が空中分解してしまった。この責任は大きい。策士小沢一郎に振り回されたのだろう。何故、自民党のように大きなかたまりになれなかったのか?歯がゆくて仕方がない。反面教師にも優れた見習うべきところがたくさんあると思えるのだが…。

2018年12月27日 (木)

あさ爺の徒然日記(978) 12月27日(木) 中国の恐るべき発展

最近、中国が我々の想像以上に発展していることに恐れおののく。今日の朝刊(毎日)に高速道路の総延長が13万キロを超えていると出ていた。国土が広大なため、数千キロに達するハイウエイが多いのが特徴。新幹線とも云うべき高速鉄道や都市部の地下鉄路線もはるかに日本を凌いでいるようだ。もともと、都市インフラが脆弱な国だと思っていたが、もう様変わりしているわけだ。あさ爺が最後に中国へ行ったのは25年くらい前になるが、まだ、人民服も普通に見かけたし、自転車は多かったが、車は渋滞するほどは走っていなかった。上海などの高層ビルもなかった。キャッシュレス化も凄い。中国人観光客が日本は不便だと嘆いている。そして今夜のNHKニュースを見ていて、全土に張り巡らされた監視カメラの数が半端じゃないと。日本では一応防犯カメラとなっているが、中国は「監視」そのもの。GDPで追い抜かれてから、中国の「躍進」ぶりはもう日本なんぞ眼中になく、狙うは世界一だろう。宇宙でも米ロを抜く日が近い予感がする。人民解放軍は陸のイメージが強かったが、もう海軍、空軍でも米ロと肩を並べているのだろう。漸く、小さな空母を1隻持った我が自衛隊は可愛らしいものだ。飼育パンダが世界で548頭になったと云う話、これは中国のおかげだ。

2018年4月21日 (土)

あさ爺の徒然日記(851) 4月20日(金) 朝鮮半島統一は?

近い内に韓国と北朝鮮の首脳会談が行われる。しかし、南北交流の話は出ても統一の話は出ないのでは?五輪の開会式などに統一旗が登場したが、少なくとも北にその気はあるまい。金正恩が絶対に譲れないのは現体制の維持だ。統一はそれと矛盾する。彼が統一朝鮮(韓国?)の首班になるわけはなかろう。

つまり、北の至上命題は「国体の護持」なのだ。敗戦直前の日本陸軍首脳部の考えと同じ。南北交流は実現するだろう。更に中国に倣って市場開放もあり得る。しかし、独裁体制は崩さない。金王朝は引き続き人民に君臨する。今後も足を高く上げて行進する兵士の姿は見られる。自らの体制は維持しつつ、貿易を拡大させ、更に富が一極集中するように仕組みを作り上げる。核もミサイルも本気で廃棄はしない。拉致問題の解決優先で身動きの取れないニッポンは、更にカヤの外に置いてきぼりとなる。

繰り返すが、金正恩が身を引くことはあり得ない。従って、統一もあり得ない。「南北統一」は未来永劫の目標として位置づけられる筈だ。

2018年4月 6日 (金)

あさ爺の徒然日記(838) 4月4日(水) 歴史上の人物と外相

晴れてはいるが、風が強い。昨日のガイドは、多少暑かったものの穏やかで良かった。春の天気は気まぐれなのだ。

もう48年も前の話になるが、台湾中部の保養地日月潭で当時の中華民国最高指導者、蒋介石総統をお見かけしたことがある。もう高齢で静養中の散策に偶然遭遇したもので、我々日本人観光団ににこやかに笑顔を見せて下さった。我々も一斉に拍手したり手を振った。ミーハーだったが、彼は日本人には人気があった。

それから25年後、正確な日時は記憶していないが東京の駐日中国大使館で王毅参事官と面会し、懇談の後握手を交わして退出した。この時は万里の長城での日中友好植樹が実現しての表敬訪問で、日本側関係者約10人の一人として出席。懇談はすべて通訳を介さず日本語で。その見事な日本語に舌を巻いた記憶がある。

彼は後に駐日大使となり、更に外交部長に。先日の習近平永久政権下で、国務委員兼外相となった。英語のみならず日本語の達者な王毅さんに、親しみを感じると共に今後の期待もしたいものだ。

2018年2月17日 (土)

あさ爺の徒然日記(798) 2月16日(金) 気持ちは分かるが…

羽生結弦選手が男子フィギュアスケートSPで、トップに立った。期待と云う重圧を跳ね返しての快挙だ。あさ爺が心配したことは、どうやら杞憂に終わりそうだ。まだ明日はどうなるか分からないのだが、俄然有利になったことは確かだろう。期待したいし、3位につけた宇野昌磨選手もナントか逃げ切って欲しい。イヤ、彼はもっと上を目指しているかもしれない。

このオリンピックに目を奪われているが、今、ひそかに自民党憲法調査会では9条改正と並行して、参院の合区解消に向けた改正案が進行している。鳥取・島根、徳島・高知の件だが、候補者はもとより地元有権者にもひどく評判の悪い合区なのだ。人口当たりの票の格差そのものの考え方を、憲法で変えてしまおうとの動き。確かに気持ちは分かる。

米国の上院のように各州から1名とか2名の選出を念頭に置いている。あさ爺も今のままだと東京への一極集中が是正されない限り、益々地方の過疎化に拍車をかける恐れありと懸念している。ただ、参院の在り方を変えない限りは難しかろう。今の自民党案にはそれが欠落しているようだ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30