育児

2012年3月 4日 (日)

あさ吉の思い出日記(6) 3月3日(土)  メール10周年記念日

今日は「ひな祭り」。あさ吉の家でも、何十年ぶりかでお雛さまを飾りました。「芳山作」と銘打った由緒ある(?)お雛さまです。金屏風を背景にして、すまし顔です。サマになっています。

今年、我が家のひな祭りは賑やかでした。息子の家族、娘の家族が勢揃いです。3人の孫の中で、一番歳上がお姉ちゃんです。まだ3歳ちょっと前ですが、彼女が今日の主役。可愛い盛りで、ジジババは目を細めっ放し。後に続く男の子2人は、まだまだおっぱい世代ですから、もう合わせてメロメロ。

お互いに従姉弟たちを自己紹介ならぬ、親が代わりに教えています。母親は元幼稚園の先生だったり、産婦人科のお医者さんだったりですから、手慣れていると思いきや、自分たちの子どもともなると結構大変のようです。久し振りに会って、甘やかしていれば済むあさ吉爺さんとはハナから違います。

ところで、我ら爺さんたちが遅ればせながら携帯電話世代への仲間入りしたのが、10年前の昨日。その翌日に初メールを体験しました。つまり、サラダ記念日風に言えば、3月3日は我が家の「メール記念日」。

相当の遅咲きでしたが、それでも携帯は今や3代目に・・・。その後、デジカメやパソコンも加わって、あさ吉老夫婦もデジタル世代にどっぷりです。これからの「課題」はいつスマホに突入できるか!「あさま山荘に突入せよ!」並みの緊張です。

でも、お雛様はアナログの華です。液晶画面の中で、見つめるものではないでしょう。「灯りをつけましょ ぼんぼりに~」、幼稚園の先生をリーダーにしたあさ吉家の大合唱が賑やかに流れた、3月3日でした(o^-^o)。

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31